未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

侍ジャパン無傷6連勝で決勝R進出〜筒香、松田、小林、山田、青木、内川など〜全員野球爆発だぁ!!

WBC2017 決勝ラウンド


<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170312230432p:plain

 

侍ジャパンやりましたね、無傷6連勝で決勝ラウンド進出。

おめでとう!!!...ってことを書きますね♪♪

それにしても、みんなが大活躍で掴んだ6連勝、その結果の決勝ラウンド進出なんですね。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

ホンモノの力とは〜どんな展開もモノにする力

 

侍ジャパン、ここまでの6戦、色んなパターンがあり、その全部の経験を勝利に結びつけてきました。

これって、決勝ラウンドを戦う点では大きいよね♪♪

 

6戦のいろんな展開

 

これまで比較的ラクに勝てたのは、プールBのオーストラリア戦(4-1)と中国戦(7-1)。

でも、オーストラリア戦も意味があったね。

2回に1点先行されて、3回・4回表いずれも点が入らず。

そういう我慢って必要だよね。

_/_/

一方、2回戦ったキューバ戦、そしてオランダ戦は、点を取り合うシーソーゲーム。

1次ラウンド、2次ラウンドで、こういうシーソーゲームを勝ち抜いた経験は貴重だよね♪

_/_/

さらにだめ押しの経験は、プールEのイスラエル戦。

チャンスを逃しまくり、どちらも「0」行進の忍耐戦。

 

いろんな展開で産み出される「2つの力」

 

それは、「全員野球で闘う力」。

そして、6戦全勝のもう1つの意味は、「日替わりヒーローを産み出す力」が出てくるということ。

この「全員野球力」と「日替わりヒーロー力」は同じようで違うよね。

「日替わりヒーロー力」があるから監督を含め、みんなにスポットライトがあたる。

そして「日替わりヒーロー力」でチーム全体が盛り上がる。

それが「全員野球力」を底上げする。

「全員野球力」と「日替わりヒーロー力」の相互浸透。

これって「ホンモノの力」を養うよね〜〜♪

そして、それこそが大切なんだ。

なぜなら、決勝ラウンドは...

 

トーナメント戦!!

 

1次ラウンド、2次ラウンドのリーグ戦と違い、決勝ラウンドはトーナメント戦。

トーナメント戦だからこそ、「全員野球力」がモノをいうんです。

いや、それだけでなく、「日替わりヒーロー力」も必要なのです。

その点...

侍ジャパンは、「全員野球」でチーム力も日に日に強さを増し、そして、「日替わりヒーロー」を産み出すポテンシャルも満載!!

 

準決勝はプールFの2位と戦う!

 

プールEを1位で勝ち抜いた侍ジャパンは、プールFを2位で勝ち抜くチームと闘います。

_/_/

しかし、プールFは、まだ始まったばかり。

なんと、プールF初戦で前回大会覇者ドミニカ共和国が負けてしまいました。

プエルトリコが3-1で逃げ切ったのです。

プールFは「死の組」ですね〜(>_<)

そんなところを勝ち抜くのだから、2位進出チームも侮れません。

_/_/

プールFの2位がどこになるのか、全く見当もつかないです。

でも、でも、なんとなくつく見当は...

_/_/

準決勝はプールFの2位と闘い、侍ジャパンの勝ち。

だって、「全員野球の力」、そして、「日替わりヒーロー力」がありますから...。

そして、決勝は、プールFの1位と闘う。

結局、侍ジャパンは「死の組」を避けて通れないってことです。

でも、ご安心を。

なぜなら侍ジャパンは「ホンモノの力」=「2つの力」を持っていますから。

「2つの力」で決勝戦撃破、そして3度目の栄冠ゲットだね♪♪

 

まとめ

 

侍ジャパンには、ここまでの6戦で大きな大きな夢と希望を、わたしたちに与えてくれて、感謝、感謝、感謝です。

だからこそ、日本じゅうが応援しているぞ。

決勝ラウンドはその勢いで「獲得したいものを手にしてくれ!」とね♪♪

※冒頭の画像出典:なんじぇいスタジアム

 

この記事もよく読まれています⇒