未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

連勝2人明暗分かれる、稀勢の里&高安12日目〜大相撲2017年3月場所



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170312091657p:plain

 

初日から10連勝をしていた稀勢の里と高安。

11日目にして明暗が分かれました。

高安が敗れ、稀勢の里が12連勝で単独トップとなりました♪

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

高安 vs 横綱・鶴竜戦

 

上手出し投げで高安の負け。

_/_/

立ち会い、あたって突いた鶴竜が頭をつけほぼ万全。

高安はじっくり鶴竜の右上手を切るくらいの落ち着きが必要でしたが...。

かなり無理な左下手投げが残されてしまい、逆に上手出し投げで、高安初黒星です。

_/_/

高安はこれで10勝1敗。

高安には、まだまだ優勝を諦めることなく闘ってもらいたいですね。

12日目は横綱・日馬富士戦。

 

稀勢の里 vs 前頭4・嘉風戦

 

送り出しで稀勢の里の勝ち。

_/_/

さすがの稀勢の里も、優勝がちらつき少し固くなっているのでしょうか。

一端、土俵際まで追い込まれ、今場所一番ヤバイ状況に!?

しかし、そこは落ち着きを取り戻し、回り込んで、嘉風を送り出しです。

 

11日目を終え優勝争いは...

 

11日目を終わって、優勝争いは次の4人ですね。

 

<11勝0敗>

  • 横綱・稀勢の里

<10勝1敗>

  • 大関・照ノ富士
  • 関脇・高安
  • 前頭10・栃煌山

<9勝2敗>

  • なし

 

この4人のなかでは、高安と対戦のない稀勢の里、日馬富士と対戦のない照ノ富士が断然有利ですね。

また、栃煌山がいつ上位とあたるのかによっては、栃煌山が1敗で決定戦に残ってしまう...なんてことも考えられます。

栃煌山つぶしも1つのポイントです。

ただし、高安はすでに照ノ富士には勝っています。

これが若干の優位ポイントです。

 

まとめ

 

う〜ん、誰が優勝するのか、見えなくなってきました(>_<)

冷静に優勝争いの4人を見ると、栃煌山を除く3人には、誰もがチャンスが大きくあるでしょう。

稀勢の里と照ノ富士の直接対決が結果を左右することになるのかもしれません。

※冒頭の画像出典:ウィキペディア

 

この記事もよく読まれています⇒