未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

12日目、稀勢の里12連勝、照ノ富士1敗堅持、高安2敗後退〜大相撲2017年3月場所



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170317074240p:plain

 

大相撲2017年3月場所12日目。

稀勢の里が連勝を12に伸ばす一方、高安は2敗に後退。

追う照ノ富士は1敗を堅持。

鶴竜は4敗目。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

優勝ラインは...

 

12日目、稀勢の里が12連勝となり、仮に残り全てに負けたとしても12勝。

なので、現状3敗力士以上には、優勝の可能性があります。

もっとも、3敗では、それを堅持しても優勝決定戦以外には優勝可能性はありませんが...。

_/_/

優勝可能性のある関取は以下の通り。

<12勝0敗>

  • 横綱・稀勢の里

<11勝1敗>

  • 大関・照ノ富士

<10勝2敗>

  • 関脇・高安
  • 前頭10・栃煌山

<9勝3敗>

  • 横綱・日馬富士

 

ほぼ可能性としてはあり得ないですが、上記の5人の関取がすべて12勝5敗で並び、5人で優勝決定戦ということもありえます。

この場合は、稀勢の里が残り3戦に全て負けるという条件です。

可能性は低いですがゼロではありません。

13勝2敗くらいの優勝決定戦もあり得ます。

14勝1敗でも優勝決定戦〜稀勢の里vs照ノ富士ですが〜もあり得ます。

いずれにしても、今回は稀勢の里が全勝しないと、優勝決定戦になる可能性は高い場所となりました。

_/_/

ブログ管理人としては、各関取の調子などを勘案すると、14勝1敗が優勝ラインで、稀勢の里、あるいは照ノ富士になると予想します。

 

12日目の注目取組ピックアップ

 

以下、左側が東、右側が西です。

下線が勝った力士です。

 

前頭11・大栄翔 vs 前頭12・佐田の海

 

突き出しで大栄翔の勝ち。

_/_/

物言いで撮り直し後、大栄翔の出足よく、突き出しで勝ちました。

これで大栄翔は勝ち越しです♪

 

前頭14・妙義龍 vs 前頭10・栃煌山

 

寄り切りで妙義龍の勝ち。

_/_/

妙義龍の出足に負けた感があります。

栃煌山2敗目。

優勝争いから1歩後退です。

ホントは、妙義龍も栃煌山も平幕下位で相撲を取る関取ではないのですけど...。

 

関脇・琴奨菊 vs 前頭3・宝富士

 

叩き込みで宝富士の勝ち。

_/_/

このところの琴奨菊の負けは足がついていかず、前へパタリ。

ある意味、琴奨菊「らしい」負けです。

勝った相撲は、これも琴奨菊「らしい」がぶり寄りによる勝ちです。

いずれにしても、12日目で7勝5敗。

大関復帰の10勝ラインには、もう1つも星を落とせません。

鍵は...大関・照ノ富士戦ですね。

 

前頭5・遠藤 vs 大関・照ノ富士

 

浴せ倒しで照ノ富士の勝ち。

_/_/

遠藤、両差しで照ノ富士を土俵際に追い込み、がぶり寄りますが不発。

逆に、ふられて浴びせ倒されてしまいます。

この1番を見る限り、照ノ富士の復調はホンモノです♪

今場所優勝の可能性はかなりあります。

もしかしたら...

先場所の稀勢の里の優勝&横綱昇進に大きく刺激された1人なのかもしれませんね。

 

前頭4・荒鷲 vs 横綱・稀勢の里

 

寄り切りで稀勢の里の勝ち。

_/_/

ほぼ問題なく、荒鷲を寄り切りました。

照ノ富士同様、稀勢の里の強さもホンモノです♪♪

稀勢の里が優勝の筆頭であることは間違いありません!

 

横綱・日馬富士 vs 関脇・高安

 

小股すくいで日馬富士の勝ち。

_/_/

日馬富士、横綱の意地でしょうか、高安に相撲をさせませんでした。

高安2連敗。

しかし、大関昇進のためにも、残り3番には連勝してもらいたいところです♪

 

関取・玉鷲 vs 横綱・鶴竜

 

押し出しで玉鷲の勝ち。

_/_/

連日、あぶない相撲をやっていた鶴竜ですが、やっぱり負けてしまいました...という感じです。

つまり、負けて不思議はない。

一方、玉鷲はこれで星を5分に戻し、勝ち越しが見えてきました♪ 

 

まとめ

 

13日目の結果次第では、一気に混戦になります。

つまり、1日1日がとても大切な取組満載となります♪ 

※冒頭の画像出典:JAFご当地情報

 

この記事もよく読まれています⇒