未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【返金1%】てるみくらぶ破綻までの詳細判明〜破産手続きで社長記者会見



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170325063319p:plain

 

多くの人たちの春休みを悪夢に変えた「てるみくらぶ」の続報です。

債務不履行が発覚し、とうとう3/27に破産手続きという事態に。

破産原因はビジネスモデルの破綻で、予見はできていたようなのですが...(>_<)

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

てるみくらぶ破産&社長会見...

 

格安海外ツアー企画会社のてるみくらぶ。

その驚きのツアー代金からテレビ局なども海外ロケに頻繁利用していたようです。

そのてるみくらぶの顧客が出国できない騒ぎが勃発し、そして、3/27にはとうとう破産手続きとなりました。

同日、山田千下賀子社長が記者会見で謝罪しました。

代理人弁護士によると...

  • 負債総額151億円
  • 実施されていない受注済みの旅行は3万6千件で、約99億円
  • 1件で複数人の参加者がいるので、影響を受けるのは9万人

山田社長からは謝罪の言葉とともに、

  • 新聞広告掲載費が経営を圧迫してきた
  • 生き残るために頑張ってきた

というような弁があり、この社長の言質から詐欺罪での立件は難しいようなのです。

そして、旅行代金を納めた顧客は【返金1%】で泣き寝入りするしかないのです(>_<)

_/_/

てるみくらぶについては、こちらの記事もどうぞ。

 

てるみくらぶのビジネスモデルは...

 

往復ビジネス&現地の一流ホテルに連泊しても、驚くほどのツアー代金。

これが、てるみくらぶのウリでした。

たとえば、1人往復30万円くらいするビジネスの航空運賃に加え、ハイアットに連泊し、食事もついて、7万円前後などという驚きのツアーがたくさんあったのです。

なぜ正式な航空運賃の4分の1くらいの費用でビジネス&一流ホテル連泊が可能なのか???

_/_/

それには秘密があったのです。

  • 航空会社から飛ぶギリギリの段階で空席を超格安で購入する
  • ツアー先の両替場所などを指定し、客に買い物をさせバックマージンを得る
  • ウェブを駆使して、広告費や人件費等の費用を徹底的に削減する

などの経営努力の結果、超驚きのツアー代金を実現させ、それを提供してきたのです。

そして、それが支持されてきたからこそ、てるみくらぶは年商200億円ほどに業容拡大してきたのです。

 

てるみくらぶはビジネスモデル崩壊!?

 

しかし、未来永劫続くビジネスモデルというものは存在しません。

企業は環境の変化に合わせ、それまでの成功モデルをときに捨て去らなければならないのです。

そして、その成功モデルの変化にこそ、てるみくらぶの落とし穴があったのです。

_/_/

格安旅行を企画する核のひとつは、格安な航空運賃の獲得です。

これに対し、向かい風が起こりました。

航空会社は、これまで空席については、格安旅行会社に売ることで現金化してきました。

しかし、それは対症療法でしかありません。

そこで航空会社各社は根本治療へと舵を切ったのです。

すなわち、空席を少なくする方法として、飛行機の小型化を図ったのです。

結果、空席が少なくなり、そこで困ったのが格安旅行会社なのです。

_/_/

そして、格安旅行会社のモデルのひとつ、ネットでの販売も少しずつ向かい風が...。

今、お金をたんまり持っているのは団塊の世代の人たちです。

彼らは残念ながらネットが得意ではありません。

一方、ネットが得意な若者たちは、格安旅行会社での経験を重ねると、今度は旅行代理店を通さずにネットで自分で旅行を組み立て申し込むという方が増えてきました。

よーするに、大きな武器であったネット経由の販売に陰りがでてきたわけです。

そこで、てるみくらぶは、ビジネスモデルの転換を図ったのです。

ネットだけでなく、新聞広告に力を入れたのです。

おとろしの春くらいから、1面広告をバンバン打ちまくりました。

ターゲットは団塊の世代です。

ちなみに、新聞の1面広告は、1回につき3〜4千万円くらいかかるとのこと。

そして、その新聞広告はそれなりの集客があったのでしょうけれど、いかんせん、ネット販売に比較すると、圧倒的なコスト増です。

そのコストを払うために、客からの入金はすぐに新聞広告代へ回すという自転車操業に陥ります。

一端、自転車操業になると、「とめると一気に業容が傾く」のです。

つまり、コストの高い新聞広告をやめられなくなってしまったのです。

膨らむコスト、手元資金は減るばかり...これって、破綻の典型ですね。

そして、保証機関への払い込みもできなくなり、今回の騒動が発覚したという次第です。

_/_/

さらにネット活用で人件費を徹底的に削減してきたことで、クレームなどの対処が悪く、口コミでネガティブなものが拡散していったということも、利用客減に繋がり、自転車操業をさらに苦しいものにしていったことが推測できます。

ペダルを漕いでも漕いでも、空回り...ということです(>_<)

 

まとめ

 

今回のてるみくらぶの件で

  • 成功ビジネスモデルこそに斜陽リスクが潜んでいる

ということを私たちは知ったわけです。

しかし、私たちの段階でどのように被害を防げばいいのか...この点が全く不明なことが残念です。

単に自己責任だよ...では、済まされない問題だと思うのですが...。

業界団体が、そして、行政がどう動くのか、注目していきたいと考えています。

 

追記

 

新聞一面で旅行ツアー広告をしている旅行企画代理店は、てるみくらぶだけではありません。

そのなかには、まっとうな会社もあることでしょう。

しかし、今回のてるみくらぶの破綻劇で、新聞広告に対する信頼性も大きく失われたのかもしれません。

※冒頭の画像出典:死ぬまでにしたいこと