未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

稀勢の里、5月場所の期待〜最後まで優勝に絡むこと、そして高安を大関にすること♪



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170330230223p:plain

 

直前の記事で、「照ノ富士横綱昇進の期待」を書きました。

この記事では、稀勢の里に対する期待、とくに5月場所のことについて書きます♪

すべての前提は、怪我の快復&復調です♪♪

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

繰り返しますが一番の期待は...

 

全治一ヶ月という診断が出ている3月場所での怪我の快復と復調です。

5月場所まで、まだ2ヶ月あるのでしっかりじっくり治してください。

そして、治すだけでなく、初場所&3月場所の強さを再現するほどに復調してくださいね♪

_/_/

大相撲に関してはこちらの記事もどうぞ♪

 

快復&復調の次に期待することは...

 

5月場所最後までしっかりと横綱らしく優勝争いをすることです。

残念ながら、これまで大相撲界を長きにわたって背負って立ってきた白鵬の力の衰えがあり、また、日馬富士と鶴竜も調子がいまひとつです。

だからこそ、新横綱・稀勢の里には、5月場所も3月場所同様、千秋楽まで優勝争いをしていただきたいです。

そして、照ノ富士が横綱昇進するには「5月場所は優勝次点でもいい」ので、稀勢の里がしっかり3場所連続の優勝を果たしてもらいたいです。 

さらにいうと、3月場所のデジャヴ、つまり、千秋楽優勝争いの稀勢の里と照ノ富士がぶつかる...というのが一番のベストですね。

 

次に稀勢の里に期待することは...

 

高安を大関にすることです。

初場所、3月場所の活躍もあり、高安は5月場所2桁をあげれば大関昇進と言われています。

しかし、大関昇進後の活躍を考えるなら、ギリの10勝でなく、できれば15戦全勝を狙うぐらいの勢いでやっていただきたい。

そのためには、稀勢の里がこれまで以上に稽古をしっかり高安とやることです。

残念ながら、稀勢の里は全治一ヶ月の怪我ですから、いつも以上の稽古量をこなすのは難しいです。

その稽古不足分を、稀勢の里が精神的な面を含め、高安をどう磨き込んであげられるか。

_/_/

高安の3月場所は、その相撲内容がとても稀勢の里に似ていました。

とても堂々としていましたね。

だから、直接的な稽古量は減っても、横綱が醸し出す雰囲気を含め、高安には学ぶ点が多いと思うのです。

 

まとめ

 

稀勢の里の5月場所に期待することは、大きく3点です。

  1. 怪我の快復と復調
  2. 千秋楽まで優勝争いし、そして、3連続優勝
  3. 高安を大関にする

 

番外

 

5月場所に実は、もうひとつの期待があるのです。

大相撲界に大きく貢献してきた白鵬の幕内優勝です。

千秋楽に稀勢の里と照ノ富士が優勝を争う...と書きましたが、ここに白鵬も絡んで欲しい。

そして、できるなら38回目の幕内優勝も期待したいです♪

冒頭の画像出典:Yahoo!ニュース