未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【浅田真央引退】クイーンとして君臨するもオリンピックでは悲哀の連続でした(>_<)



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170411053350p:plain

 

4/10の夜、突然の現役引退宣言をした浅田真央選手。

長い間クイーンとして君臨するも、オリンピックでは悲哀の連続でした。

世界選手権で勝てても、オリンピックではクイーンになれなかったのです(>_<)

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

  

世界のクイーンにはなれず(>_<)

 

全日本や世界選手権などでは、何度もクイーンになったものの、オリンピックではクイーンになれなかった浅田真央選手。

現役に悔い無しとの引退宣言ですが、本当は、悔いは残った現役だったのではないでしょうか。

_/_/

若くして「フィギュアスケート界の天才少女」として注目された浅田真央選手。

ジュニア時代を終えると、早くも全日本初優勝、世界選手権初優勝を果たし、その期待がホンモノであることを証明します♪

そして、世界が目指す選手へと成長したのです。

しかし...

_/_/

浅田真央選手については、こちらの記事どうぞ。

 

最大の目標、オリンピックではクイーンになれず...

 

浅田真央選手というと、「フィギュア界のクイーン」のイメージがありましたが、オリンピックでは悲哀を重ねました。

 

2006年トリノ五輪

 

国際スケート連盟の年齢制限に3ヶ月届かず。

代表入りを逃しました。

 

2010年バンクーバー五輪

 

金メダルが期待されたオリンピックでしたが、ジュニア時代からライバルであったキム・ヨナ選手に敗れ、銀メダルに終わります。

 

2014年ソチ五輪

 

自らが集大成として照準を定めたソチオリンピックでしたが...。

ショートプログラムでの転倒で、まさかの16位発進。

フリーでは完璧に近い演技をするも、SPが響き、結果は6位に終わります。

 

仲間たちから誰よりも慕われた浅田選手

 

ところで...

浅田真央選手の引退について、フィギュアスケート界の仲間たちからも続々、「残念だけどでもご苦労さまでした」というような声が届いています。

現世界チャンプの海外選手、安藤美姫さん、無良選手などなど。

元選手の織田信成さんなどは、朝の情報番組で号泣していました。

同じ競技選手や元選手たちからこれだけ慕われた選手も少ないのかも。

それだけ、彼女の存在が偉大だったということです♪

 

まとめ

 

世界選手権レベルではトップ君臨するも、オリンピックでは勝てずというのは、浅田真央選手以外にもたくさんいます。

それくらい、オリンピックというのは、違う何かがある舞台なのかもしれません。

結果も大事ですが、挑戦はそれ以上に大事で素敵です。

オリンピック3大会出場を果たした...それだけでも浅田真央さんは偉大な選手だったのです。

オリンピックの悲哀を、今後のご活躍に活かしてくださいね♪

※冒頭の画像出典:Pinky