未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

電通、2018年卒就職人気ランキング激落ち〜課題は学生にもあり〜1位→23位!?



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170414130131p:plain

 

2018年卒の就職人気企業ランキング(「みんなの就職活動日記」調べ)で激変がありました。

働き方問題で注目されているあの「電通」が前年の1位から23位に激落ち。

その激落ちから、もう一つの課題が見えてくる...と思うのです。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

2018年卒就職人気ランキング

 

「みんなの就職活動日記」発表の2018年卒、就職人気ランキングは以下の通りです。

  • 1位、全日本空輸(昨年2位)
  • 2位、日本航空(同5位)
  • 3位、伊藤忠商事(同3位)
  • 4位、JTBグループ(同8位)
  • 5位、オリエンタルランド(同13位)
  • 6位、資生堂(同11位)
  • 7位、味の素(同15位)
  • 8位、花王(同14位)
  • 9位、三菱東京UFJ銀行(同6位)
  • 10位、博報堂(同4位)

ベスト10は以上なんですが、驚きは23位です。

  • 23位、電通(同1位)

 

前年1位から、23位へ。

この激落ちは、間違いなく、電通が興してしまったあの労働問題スキャンダルです。

学生は敏感ですから、過剰に反応した...というわけです。

 

学生のこころ...

 

いろんな形の就職人気ランキングは、昔からあります。

だいたいの傾向は同じで、超有名企業が上位を占めます。

超有名企業に入れば、一生、安心...という思いなんです。

_/_/

電通があれだけのネガティブイメージを持ったにも関わらず、23位に留まったのが、学生の「寄らば大樹の陰」があるという証拠でもあります。

あんなことがあっても、大企業だから入れればそれでおんのじというわけです。

 

全ての人にリスクを負えとはいいませんが...

 

ごく稀に、小さな会社を選んで、その会社が自分を含めた活躍などで上場を果たし、入社前には予想もできなかった人生を歩む...

 

なんてことがあるのです。

 

では、そういうことを入社前に予想できるかというと...できません(>_<)

逆に、超大手企業に入っても、自分が大活躍して素敵な人生を歩める...なんていうことも入社前に予想できるハズがありません。

 

どういう基準で会社を選ぶか...

 

これって、偉そうな人がいうほどに簡単なことではありません。

超安定を選ぶのも、それはそれで一つの選択です。

非難できることではありません。

一方、目先の安定よりも「好き」を選ぶのも一つの選択です。

結果、どちらが正解か...なんてことは「ない」のです。

 

まとめ

 

就職は「スタート」でしかありません。

超大手企業に入ろうが、小さな企業に入ろうが、その後の人生がどうなるかは、「スタート」後からの生き方なんですね。

もっというと、「スタート」してからの苦労の連続の渦中を、いかに前向きに楽しんで生きていくか。

いうのは簡単ですが、実行は簡単ではありません。

_/_/

すべての就活生の未来の輝きを期待しています。

そして、その結果は、その就活生自身が握っているのです。

※冒頭の画像出典:PAKUTASO