未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『警視庁・捜査一課長』第1話〜頑固一課長健在〜いきなり2時間特番!?



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170414110847p:plain

 

テレビ朝日、手堅い刑事ドラマ『警視庁・捜査一課長』シーズン2の第1話です。

初回だけ、15分くらいとか時間がちょっと長いケースが多いですが、『警視庁・捜査一課長』の場合、なんと初回2時間。

やりますね、テレビ朝日♪

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

『警視庁・捜査一課長』ってどんなドラマ!?

 

初回のみ2時間というロングになっています。

でも、それって単に長いだけでなく、作風が「2時間ドラマみたいですよ」というテレビ朝日のメッセージではないでしょうか。

テレビドラマ界から「2時間ドラマ」がなくなるそうです。

そういうトレンドなんでしょう。

そういう中に、「2時間ドラマ」で手堅い作品をたくさんつくってきたテレビ朝日が、連続ドラマに「2時間ドラマ」風で殴り込みです。

シーズン1でそこそこの結果を出してきただけに、満を持しての...ですね。

_/_/

このドラマについては、こちらの記事もどうぞ♪

 

第1話のあらすじ

 

殺人事件の刑期を終えた女性・が、当時捜査をした捜査一課長をえん罪で訴えました。

大岩純一(内藤剛志)は、マスコミがえん罪を書き立てても、大岩は犯人は間違いないと確信しています。

そんなとき、代議士秘書の殺人事件が起こりました。

そして、それから何人かが殺されます。

捜査一課は、それらが一連の殺人であったことをつきとめます。

その背景には、少女3人の幼い頃の関係に秘密があったのです。

 

初回の残念なことは...

 

少し辛口に書きます。

せっかくの2時間特番だったのに、それぞれのキャラの紹介が少しおざなりだったかなと感じています。

つまり、シーズン2から新しく加わった刑部公平(ぎょうぶこうへい〜田中圭)刑事のこと。

この刑事、捜査一課長運転手担当なんです。

どうして、運転手になったのか...とか、どうして、事件にクビをつっこみまくるのか...とか。

また、刑部の先輩刑事、「大福」こと平井真琴(ひらいまこと〜斉藤由貴)が面白キャラも、シーズン2から見た人にはわからない。

もっとそれぞれのキャラを深掘りできたのでは...。

これからの展開に期待です。

 

それからもう一つ残念なことが...

 

ラスト、犯人をつきとめたシーン。

あまりに簡単に真犯人がゲロします。

あり得ないでしょというくらい簡単に。

 

まとめ

 

少し辛口コメントも書きましたが、フツーの手堅い刑事ドラマとしては期待通りの出来だと感じています。

手堅く&気楽に楽しめるドラマです。

新しく加わった田中圭演ずる刑事も、楽しみなスパイスです♪

※冒頭の画像出典:テレビ朝日