未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

山本幸三大臣失言「学芸員はガン、一掃を」〜内閣不祥事は続き、某党はまたバカの一つ覚えか!?



<スポンサーリンク>


f:id:kanreki7:20170417041700p:plain

 

在庫一掃セールで大臣になった...かもしれないお一人がまた失言しました。

またぞろ、情報番組で「大臣は頭わるいな〜」とコメントされるのでしょうか。

今度は、山本幸三内閣府特命担当大臣(地方創生・規制改革)です。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

山本地方創生相、失言のあらまし

 

4/16、滋賀県大津市内のホテルで開かれた地方創生セミナー。

主宰は滋賀県です。

そこで講演をした山本地方創生相がとんでも発言をしました。

滋賀県内のある市長から「インバウンド観光振興についての助言を」という質問に対して回答した際に「失言」が飛び出しました。

文化財観光振興を実現する際に、見学者への案内やイベント活用が不十分であることを指摘した上で、こう言い放ったのです。

  • 一番のガンは学芸員。
  • 学芸員には観光マインドが全くない。
  • この連中を一掃しないと(だめだ)。

さらに、海外の有名博物館が改装の際にうまくいったということについて、このような発言もしました。

  • (その博物館は改装に際し)学芸員が抵抗したが全員クビにして大改装が実現した結果、大成功した。

さらに、セミナー後の記者会見で、まくしたてます。

  • 新しいアイデアに学芸員は「文化財だから」と全部反対する。
  • 学芸員だけの文化財でやっていると、これから観光立国で生きていくことができない。
  • 「一掃」は言い過ぎたが、観光マインドを持って観光客に説明することを理解してもらわないと困る。

大臣はご自身、釈明会見のつもりだったかもしれませんが、火に油です。

 

一連の発言、おひおひ、正気か...と思いました(>_<)

 

ちなみに、学芸員というのはきちんと法律で定められた専門職です。

学術的な資料の収集、保管、展示、研究などを行います。

観光振興は彼らの仕事ではなく、どちらかというと観光振興において、資料の保管、展示などが正しく行われるかということをチェックし、守るのが彼らの仕事です。

 

仕事というのは、いろんな立場から牽制しあえる仕組みであることに意味があると思うのですが...。

 

邪魔者は消せ...が地方創生、規制改革のキーコンセプトだとすると、恐ろしい日本になりそうです(>_<)

 

失言については、こちらの記事もどうぞ。

 

山本幸三議員とは...

 

衆議院議員福岡10区選出で、当選7回目。

東大理科一類に入学し、経済学部を卒業という替わり種ですが、東大ですから偏差値的な頭はいいのでしょう。

しかし、上の発言を見る限り、空気が読めない、発言の結果も想像できないという点では、中学生レベルです。

中学生...って言ったら、中学生にも失礼なレベルかもしれません。

幼稚園くらいかな...。

1993年、新政党公認で初当選。

以来20年以上議員をやっており、しかも当選7回。

で、ようやく大臣就任したわけで、やっぱり、よく言われる在庫一掃セールって言うアレでしょうか。

 

内閣不祥事も自業自得か

 

保守支持としては、また大臣の失言かよ...と腹が立ちますが、在庫一掃セールのブーメランかと諦めるしかないのでしょうか。

だいたい、トップが自らの発言で窮地になっていますから。

一度、しっかりしめなおしてもらいたいものです。

 

まとめ

 

また、今週は情報番組各局で、「山本大臣失言」が話題になるのでしょうか。

それを、またぞろアノ政党が大臣辞任だ、やれ任命責任をどうする...と展開するのでしょうね。

いいかげんにしろっ!!!

恐らく、国民の多くがそう思っているのではないでしょうか。

隣国の件などで日本が危ない状況にある今、バカじゃね...です(>_<)

※冒頭の画像出典:YouTube