未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

安倍内閣失言ラッシュ〜山本・今村・務台ら〜高学歴は空気読めない証〜素晴らしい学歴とキャリア一覧!



<スポンサーリンク>


f:id:kanreki7:20170417041700p:plain

 

安倍内閣閣僚らの失言がラッシュです。

山本幸三地方創生担当相、今村雅弘復興担当相、稲田朋美防衛大臣、務台俊介内閣政務官、金田勝年法務大臣...。

彼ら彼女らの共通点があるんです。

空気が読めないこと、そして...

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

安倍内閣閣僚らの失言が止まりません(>_<)

 

今年になってから「だけ」をピックアップしても、安倍内閣閣僚らによる失言が止まりません。

これが野党の安倍おろしの追い風になってしまっています。

安倍首相みずから、火に油を注ぐ発言をしていますので、閣僚らだけを追求するのはダメなのかも...。

この失言続きについては、「自民党一強からくる緩みでは」ということが各所で言われています。

実際に緩みなのかどうか...。

全部が全部ではありませんが、公式な場ではなく、公式外での発言がSNSなどで拡散し問題になるというパターンが散見されます。

リップサービスのつもりで面白いことを言いたかったのでしょうか。

自らの発言がどれだけの影響があり、また常に興味津々にウォッチされているというイメージすら持てない。

このイメージ貧困状態を目にすると、彼ら彼女らは、学生時代くらいから「オバカだったのか?」と調べてみたら、びっくりです。

 

_/_/

 

今村大臣がとうとう辞任(更迭決定)です! こちらの記事もどうぞ。

 

 

失言大臣らは押し並べて高学歴&高キャリア!?

 

そうなんです、失言大臣らは、全員、高学歴、卒業後も素敵なキャリアを重ねてきた、いわゆる「勝ち組」なんです。

それでは、失言と彼ら彼女らの学歴などを見てみましょう。

 

2/6、金田勝年・法務大臣

 

テロ等準備罪法案は成案を得て国会提出後に議論を重ねていくべきものという文書を記者に配布し、問題に。

その他、国会審議でたびたび失言を重ねています。

_/_/

金田勝年大臣の学歴とキャリアです。

1973年、一橋大学経済学部卒業し、大蔵省(現財務省)入省。

  • 主計局配属スタートで要職歴任し、1995年退官。
  • 1995年自民党公認で秋田県選挙区から出馬し当選。
  • 2009年衆議院議員選挙で比例東福ブロックで復活当選。
  • 2016年8月の第3次安倍第2次改造内閣で法務大臣に任命し初入閣。

一橋大学卒なんですが、なんでも東大を狙っていたが、その年、東大入試がなくなったため一橋にしたんだとか。

学歴やキャリアだけを見ると、頭がいいことは間違いないのですが、構造が普通の人と違うのでしょうか(^_^;)

 

3/8、務台俊介・内閣府政務官

 

被災地を訪れたとき長靴がなかったため、係員に背負われたアノ方です(^_^;)

それだけならまだしも、後日、某所の講演で「長靴業界は(あれで)だいぶ儲かったんじゃないか」と発言し、さらなる火種となりました。

リップサービスのつもりなんでしょうか、アホです。

_/_/

務台俊介・内閣府政務官の学歴とキャリアです。

  • 1980年東京大学法学部を卒業し、旧自治省入省。
  • 要職を歴任後、2008年退官。
  • 2009年8月の衆議院議員選挙で落選するも、2012年12月の衆議院議員選挙では長野2区から自民党公認・公明党推薦で立候補しし初当選。
  • 2016年8月の第3次安倍第2次改造内閣で内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官を務めた。

務台氏の場合は、バカを重ねた、失礼、失言を重ねたわけですが、こういうパターンは多いです。

謝罪会見がさらなる火種になったり...。

まったく懲りないというか、想像力ない方々です(>_<)

 

3/13、稲田朋美・防衛大臣

 

森友学園関連の野党追及のなかで、森友学園が起こした訴訟で「(弁護士として)裁判を行ったこともないと答弁。

しかし、翌日「記憶違い」が判明(^_^;)

_/_/

稲田朋美・防衛大臣の学歴とキャリです。

  • 1981年早稲田大学法学部卒業、1982年司法試験合格、1985年弁護士登録。
  • 2005年9月衆議院議員選挙で福井1区・自民党公認で初当選。
  • 2012年12月第2次安倍内閣閣僚人事で内閣府特命担当大臣(規制改革担当)兼行政改革等担当の国務大臣で初入閣。
  • 2014年9月、自民党政務調査会長。
  • 2016年8月の第3次安倍第2改造内閣閣僚人事で、防衛大臣に就任。

安倍晋三首相の一推しの人物だったのですけど...

 

4/4、今村雅弘・復興担当相

 

記者会見でしつこく食い下がる記者に対して「出て行け!」と放言。

また、会見のなかで原発事故に伴う自主避難者について「本人の責任」と発言したことも問題に。

_/_/

今村雅弘・復興担当相の学歴とキャリアです。

  • 1970年東京大学法学部卒業し、国鉄(現・JR九州)に入社。
  • JR九州の要職を歴任し、退職。
  • 1996年衆議院議員選挙で自民党公認・佐賀県2区から出馬し初当選。
  • 2016年8月、第3次安倍第2改造内閣閣僚人事で、復興大臣兼福島原発事故再生総括担当として初入閣。

記者会見の恫喝的なシーンは強い印象に残りましたが、記者会見のなかの発言も、ちょいちょい失言してました。

あの記者の追求もイヤな感じ満載ではありましたが...。

それを我慢できない、かわせない人が大臣であることが心配です(>_<)

 

4/16、山本幸三、地方創生担当相

 

滋賀県で行われた講演で「学芸員はがん、一掃をしろ!」と発言。

学芸員に対しても、そして、全国のがん患者に対してもあるまじき発言を放ちました。

_/_/

山本幸三・地方創生担当相の学歴とキャリアです。

  • 1971年東京大学経済学部卒業、旧大蔵省入省。
  • 在職中1973年にコーネル大学経営大学院に留学しMBA取得。
  • 要職歴任後退官し、1987年に宮澤喜一大蔵大臣(当時)の秘書官に。
  • 1993年衆議院議員選挙に新政党公認で福岡4区から出馬しトップ当選。
  • 1994年新進党結党に参加、2003年には衆議院議員選挙に自民党公認で出馬し当選。
  • 2016年8月、第3次安倍第2改造内閣閣僚人事で、内閣府特命担当大臣(地方創生・規制改革)に任命され、初入閣。

謝罪会見は行われましたが、発言撤回すれば済む...というものではないでしょう(-_-)

 

失言者はおしなべて高学歴な成功者!?

 

こう並べてみると、高学歴は変人か...と思ってしまいます。

彼らの多くは、トップ大学を卒業し、その後、官僚で要職を経験しています。

そうなると、一般人からすると

  • 高学歴者に対する不信感
  • 高級官僚に対する不信感 

が改めて強く印象づけられます。

もちろん、

  • 議員は無駄な人たちばかり

という曲解まがいの印象もね。

 

原因は「自民党一強からくる気の緩み」!?

 

では「ない」です!

高学歴&キャリアのなかで、他人の視点から問題状況を見るという習慣と訓練が欠乏していたことが、失言の主な原因でしょう。

彼ら彼女らは、自分自身に絶対的な自信があり、ある意味、自分以外を蔑んでいたのかもしれません。

それが習性となってしまえば、自分の発言がどういう影響を及ぼすかということすらイメージできなくなってしまうのです。

長く、そんな人生を送ってきたひとたちが、いまさら、深く他人を思いやる人になれるわけがありません。

つまり、かなりの欠陥人間が議員になっているという証拠ではないでしょうか。

 

まとめ

 

完璧な人はいません。

人は欠陥だらけかもしれません。

でも、いろいろと反省し、そして成長するんです。

失言に失言を重ねまくる彼ら彼女らは、反省がないから直る兆しも見えません。

そういう人に日本の将来を任せていることにぞっとします。

  • 「自民一強の気の緩み」

なんてコメントをして安穏としている野党やマスコミにも...期待できません(>_<)

だからこそ、次の選挙は、より真剣に向かわなければと思うのです。

※冒頭の画像出典:YouTube