未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『リバース』湊かなえ原作〜贖罪テーマ〜藤原竜也さんにぴったりなドラマ!?



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170416112446j:plain

 

ドラマ『リバース』(TBS系列)は、湊かなえさんの同名小説が原作です。

湊かなえさんは先日、テレビ番組で「自分の小説テーマは贖罪で答に行き着いたら小説家を辞める」と語っていました。

贖罪ドラマ『リバース』のはじまりです。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

TBS金曜ドラマ枠ではおなじみの湊かなえ作品

 

TBSはこれまでも金曜ドラマ枠で湊かなえさんの作品をドラマ化しています。

  • 『夜行観覧車』2013年1-3月、主演:鈴木京香
  • 『Nのために』2014年 10-12月、主演:榮倉奈々

 

『夜行観覧車』は、当時、金曜ドラマ枠では5作ぶりの平均視聴率2桁を記録し、評判になりました。

 

『Nのために』は、複雑な展開にも関わらず、人気を得て、様々な賞を受賞しました。

しかし、視聴率的には『夜行観覧車』には及ばず...でした。

 

なお、この記事の公開日現在で、『Nのために』はHuluで見ることができます。

<スポンサーリンク>

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

そして、金曜枠3作目の湊かなえドラマが藤原竜也主演の『リバース』なんです。

 

なお、『リバース』の見逃しは、民放見逃しサイト『TVer』と、『TBSオンデマンド』で可能です♪

 

ドラマ『リバース』について

 

ものすご〜く「しながいサラリーマン」である深瀬和久(藤原竜也)は、事務機器メーカー・ニシダの営業。

とりたてて営業成績が良いわけでもなく、というかどんくさくて、取り柄はコーヒーを入れるのが上手だということだけ。

人付き合いが下手で女性経験もなし。。。

そんな深瀬にはずっと心に深く残る傷があった。

それは...

大学4年生のときに出会い親友となった広沢が、卒業旅行で亡くなった事件があったからだ。

卒業旅行の参加者はゼミ仲間、村井(三浦貴大)、谷原(市原隼人)、浅見(玉森裕太)、深瀬、そして、広沢(小池徹平)の5人だ。

旅行は、深瀬が誘ったのではなく、深瀬と広沢が最後に誘われたのだ。

そして、その卒業旅行先で広沢が行方不明になり、かなり経ってから遺体が見つかった。

そして、深瀬は親友・広沢が亡くなったのは自分のせいであると思っているのだ。

あのとき、俺が広沢を止めていれば...。

_/_/

あれから10年、いま、あのときの謎が暴かれようとしている。

 

原作(小説)との違い

 

ドラマでは物語は広沢の死から10年後のことだが、小説では広沢の死は3年前なんです。

だから、いろんなことが、ちょこっとずつ違うような...。

詳しいことは書きませんが...。

 

藤原竜也にぴったり!?

 

それはドラマ『リバース』は、意外な展開があるサスペンスドラマです。

なので、そういうサスペンスにたくさん出ている藤原竜也さんにはぴったりかと。

それに、湊かなえさんが小説を書くテーマは「贖罪だ」と冒頭に書きました。

まさにこの『リバース』は贖罪テーマどおりです。

この意外なサスペンス✖️贖罪=藤原竜也ってことなんです。

なんのこっちゃ...でしょうか(^_^;)

 

まとめ

 

ブログ管理人はすでに原作を読んでいます。

原作と同様の展開ならば...

意外な展開の連続になるはずですが...。

 

※冒頭の画像出典:Tabetainjya

※本記事では映像配信サービス「Hulu」の紹介をしていますが、「Hulu」は取り扱いコンテンツが変わることがありますので、サービス利用に際しては、ご自分で確認の上、お願いします。