未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第3話〜またまた政治家絡みのテロ〜報道陣の前で射殺!?



<スポンサードリンク>

f:id:kanreki7:20170409185230p:plain

 

ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第3話(フジテレビ系列4/25放送)のプチネタバレ&感想です♪

第3話は、主人公たちの闇をどこまで謎解きしてくれるのでしょうか。

そして、それは視聴者が持つ闇を解き放つ役割もしれくれるかな?

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

刑事物の両極端は...

 

今シーズン(4-6月期)も刑事物はたくさんあります。

  • 『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系列)
  • 『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系列)
  • 『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系列)
  • 『緊急取調室』(テレビ朝日系列)
  • 『小さな巨人』(TBS系列)

う〜ん、ドラマにとって「刑事物」は必須コンテンツなんですね。

なかでも『相棒』などを含めると、テレビ朝日系列は「刑事物ドラマ」に強そうです♪

 

ただし...

 

ひとくくりに「刑事物」と分類するには無理があるかも...です。

大きな起伏はない替わりに、毎回1話できっちり完結する『警視庁・捜査一課長』や『開始超捜査一課9係』などは年配者も安心して見ることができるドラマです。

 

これと対局なのが『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』のようにアクションバリバリで、かつ、秘密の伏線がたくさん絡み合ったドラマです。

 

どちらが好きか嫌いかは好みが分かれると思いますが、こういう両極端なドラマが1シーズンに揃っているというのは嬉しいことです♪

 

ちなみに、ブログ管理人は、どちらも好きです♪♪

 

_/_/

 

ところで、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』のノベライズは1話1冊だけなので、もっと増やして欲しいなと思うところです。

 

ドラマで扱うのかどうかは、本当のところ分かりませんが、ノベライズのほうでは5人の特捜班員の謎の過去をしっかり暴いた展開をしてくれると嬉しいです。

 

第3話のあらすじは...

 

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は、とにかくヤバイテロ事件が中心なんですが、第3話もヤバイです(^_^;)

 

権力の悪用を断罪するという謎のテロ集団「平成維新軍」が事件を起こします。

造酒濊事件の関与疑惑がある議員が、顔を隠した3人組に襲われ、報道陣の目の前で射殺されてしまいます。

犯行声明は「平成維新軍」。

権力悪用に対して、これからもテロを続けると宣言。

 

特捜班は、班長・吉永(田中哲司)の命令で、稲見(小栗旬)と田丸(西島秀俊)が「平成維新軍」が使った特殊な拳銃から実行犯を洗い出していきます。

 

そして、行き着いたのは什器マニアの暴力団組長。

なんと組長の息子が保管していた拳銃すべてを盗んでいたことまで突き止めます。

 

組長の息子の潜伏先を突き止めた特捜班は、拳銃を装備し向かいます...。

 

班員たちの謎+α...

 

第1〜第2話まで、なんとなくわかった班員の過去は。

 

班長・吉永は家庭のことでなにかありそう...。

稲見は、過去、殺戮者だったようです(>_<)

田丸は、同僚のことで何らかの負い目を感じている。

樫井は、...よくわからん(笑)。

大山は(新木優子)は、なんらかの情報を密かに集めてる。

で、彼らをまとめる親玉・鍛冶警備局長は、潜伏した思いを確実に持ってる!? 

 

_/_/

 

そして、第1話、第2話、第3話、すべて政治家が絡んでいるというのも謎解きのキーになるの...かも。

 

第3話では、この謎解きがどこまで加速するのか、しないのか。

 

まとめ

 

第2話で出てきた、政治家ボディーガード兼運転手のようなバリバリの危ない人が、のちのちの回でも出てくるのでしょうか。

あの人は、癖があってよかったなぁ。

もう一度見たいなぁ。

官房長官の運転手だから、また出てくるかもね、キーマンとして。

 

_/_/

 

第3話の展開と進展に期待しています♪

※冒頭の画像出典:エンタメラボ