未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【今村復興大臣更迭】後任は6期目の吉野正芳議員が初入閣〜大丈夫かな今度は!?



<スポンサーリンク>


f:id:kanreki7:20170405090500p:plain

 

問題発言を重ねた懲りない今村復興大臣が日を越えて4/26、辞任(実質的な更迭)することがわかりました。

今回の失言が安倍首相任命責任に及ぶのは必至。

北朝鮮問題という重大事案があるなか困ったことです(>_<)

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

文脈を表現する力が...

 

今回の「まだ東北だから良かった」は、今村復興大臣の言葉を借りるなら

  • 「首都圏に近いようだったらもっととんでもない災害になっているだろう」ということで、もし、首都圏で東日本大震災級の大地震が起きたら社会資本の毀損が莫大

ということをいいたかったのですが...。

今後、首都圏に起こるかもしれない大震災に対し、どう社会資本を守るかという流れなら文脈的には問題ないのですが。

いかんせん、文脈を表現する力が「幼稚園レベル」です(>_<)

 

しかも...

 

講演冒頭に「いろいろお騒がせしております」的な発言で笑いを取るというオバカ演出も。

 

とにかくこの方、全く懲りていないのです。

 

_/_/

 

今村復興大臣関連については、こちらの記事もどうぞ。

 

与野党からの口撃を...

 

今村復興大臣の失言と撤回発言、そしてしぶしぶ謝罪

 

まずは、今村復興相の問題発言を、もう一度掲載します。

  • 社会資本等のですね、毀損も、いろんな勘定のしかたがございますが、25兆円という数字もあります。
  • これはまだ東北でですね、あっちの方だったから良かったので、これがもっと首都圏に近かったりすると莫大な甚大な被害があったというふうに思っております。

その後、発言を撤回します。

  • 首都圏に近いようだったらとんでもない災害になっているだろうという意味で言った。

しかし、この言い方も比較として東北の被害を矮小化するような表現なので問題ありです。

その後、さらに記者たちからの追求で、しぶしぶ「それなら謝罪します」的な、どーしようもない謝罪をするに至ります。

 

安倍首相の謝罪

 

今村復興相のあとに話をした安倍首相が、話の冒頭で謝罪をします。

  • 今村復興大臣の講演の中におきまして、東北の方々を傷つける極めて不適切な発言がございましので、総理大臣としてまずもって冒頭にお詫びをさせていただきたいと思うしだいでございます。

 

  • (東日本大震災は)まだ東北で、あっちの方だったから良かった。
  • もっと首都圏に近かったりすると莫大な甚大な被害があったと思う。

 

講演後、発言を撤回するも、あまりに被災地を軽んじる発言で、与党からも進退を問う声が噴出。

 

オバカ失言に対して、安倍晋三首相は、

 

  • 東北の方々を傷つける極めて不適切な発言がありました。
  • 総理大臣として、まずもってお詫びさせていただきたい。

 

与野党からの口撃

 

すでに他の記事にも書いたので重複は避けますが、与党からも野党からも、今回の失言を糾弾する言葉がたくさんでています。

 

与党は、もうかばうことはできないという流れになっています。

 

一方、野党のほうは首相の任命責任を問う流れに。

また、民進党からは国会議員の資質を問うという発言も...。

 

後任は衆院6期目の吉野正芳議員

 

f:id:kanreki7:20170426064952p:plain

(画像出典:みんな楽しくHappy♡がいい♪

 

今村氏の更迭に伴い、後任は福島5区選出の吉村正芳衆議院議員の起用が固まりました。

4/26午前中に皇居で認証式が行われるとのことです。

 

吉野正芳議員のプロフィール

 

1948年8月8日生まれの68歳。

早稲田大学第一商学部卒業後、家業の「吉野木材株式会社」へ入社。

1987年に福島県県議会議員に初当選、その後、3回連続で県議会議員に当選し、2000年の衆議院議員総選挙で自民党から出馬し初当選。

以降、衆議院議員を6期務めています。

 

今回、初入閣となりますが、どーして6期も衆議院議員を務めている方が、いまようやく初入閣なのか...というところが、とっても気になります。

 

またぞろ、「在庫一掃?」と勘ぐってしまいます。

 

ただし、吉野正芳議員の出身地は福島県いわき市で、甚大な被害を受けた福島県出身であることが選出理由のひとつ。

 

また、現在、衆議院東日本大震災復興委員長を務めており、役職面でも経験があるというのが選出理由のふたつ目。

 

でもでも、何回も繰り返しますが、衆議院議員6期でようやくの入閣がとっても気になります。

 

まとめ

 

政権与党支持者としては、今村氏のオバカ顛末は、とにかく腹立たしい限りです。

今村氏のオバカ発言は、北朝鮮問題でいろんなリスクが山積しているというような認識すらない人が内閣にいるということであり、それが問題なのです。

いろんな向かい風のなか支持率もキープOR上向きの状況のなか、こんなオバカを繰り返していると、本当に沈んでしまうかも...とても心配です。

 

吉野正芳議員は、力を入れて活躍するあまりに、勇み足や失言をしないようにお気を付けください。

※冒頭の画像出典:復興庁