未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【N-NOSE】尿1滴で癌発見〜画期的癌検査法開発中〜ステージ0もわかる!?



<スポンサードリンク>

f:id:kanreki7:20170426072234p:plain

 

九州大学・広津崇亮助教と日立製作所の共同研究で、画期的な癌検査法が開発中であることが分かりました。

なんと、たった尿1滴で何種類もの癌が検出できるのです。

早く、簡単、安いというまるで牛丼のような検査法です(^_-)

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

画期的癌検査法開発ちう!?

 

九州大学・広津崇亮助教と日立製作所の共同で、画期的な癌検査法が開発中であることがわかりました。

2019年末の実用化に向けて開発中なのです。

 

それは「N-NOSE」(エヌ・ノーズ)なる検査法です。

 

この検査には体長約1ミリで、犬以上の嗅覚を持つと言われる線虫が用いられます。 

この線虫、がんの匂いに集まる習性を持っているのです。

 

最新の癌検査、3つのポイント

 

以下、いま開発中の癌検査法「N-NOSE」の3つのポイントです。

 

ポイント1「簡単」

 

広津助教に語ってもらいます。

 

今ある癌検査のなかには、たとえばマンモグラフィーみたいに「痛い」とか、内視鏡みたいに痛かったり、時間がかかったりというのも多いんですけど、尿は簡単に取れますし、すぐ取れますしというところが良いところです。

 

なんと、たった1滴の尿で癌検査が可能になるので、通常の健康診断で尿を提出することで癌検査が出来るという時代が来るのです♪

 

ポイント2「低コストで高精度」

 

現在の癌検診では、胃癌なら胃の検査、乳癌ならその検査というように、それぞれの癌毎に検診が必要となっています。

その度にコストもかさむわけです。

総合的な癌検診となると費用は10万円以上になることも(>_<)

 

しかし、この1滴の尿による検査「N-NOSE」ならそんな心配もなくなる!?

 

広津助教のお話です。

 

1万円いかないってことが一つの壁だと思っています。それが実際、9000円になるのか、1000円になるのかっていうのは、まだ今検討中であるんですけど...。

 

しかも、 この「N-NOSE」はたった1滴の尿で10種類の癌を検出(後述)できるのです!

 

さらに、さらに、その感度が凄いんです。

 

これも広津助教に語ってもらいます。

 

ほとんどの腫瘍マーカーの感度は約20%くらいなんですけど、「N-NOSE」の感度は90%越えてます。

大きな違いは(線虫が)匂いで見分けるということですね。

生物の嗅覚で見分けるということをすれば非常に微量な物質でも見分けることができるのです。

ということで「N-NOSE」は93%という感度をしめしています。

 

しかも...ステージ0からステージ4まである癌のうち、ステージ0から発見が可能だというのです!!

早期癌発見に大きく寄与するという点では、ノーベル賞ものの発見・開発なのかもしれません。

 

ポイント3「検査時間が短い」

 

これについても広津助教に語ってもらいます。

 

従来の癌検査って、受けてから1ヶ月後とかに結果が帰ってくることも多かったんですけど、(「N-NOSE」なら)そんなに待たせることはないと思っています。

今の所まだ1週間くらいかかりますね。

将来的には受けてすぐに(結果が)出るといいなと思っています。

 

画期的癌検査法「N-NOSE」

 

現在は2019年末の実用化に向けて開発中です。

いまのところ10種類の癌の「有無」を判別できるのですが、どの癌であるかの判別まではできません。

しかし、2022年を目処に、癌の種類も特定できるように開発していきたいとのこと。

 

ちなみに、まだ癌の種類判別はできませんが、いまのところ次の10種類の癌の有無はわかるのです。

  • 肺癌、胃癌、大腸癌、乳癌、膵臓癌、食道癌、胆嚢癌、胆管癌、前立腺癌、盲腸癌

 

癌検診では日本は後進国なのです(>_<)

 

癌の早期発見、早期治療のためには癌検診が必須ということは分かっているものの、実態は癌検診を受けていない人が多いのです。

とくに日本の未受診率は異常な低さなのです。

時間が無い、お金がかかる、苦痛を伴うなどが受診をしない理由となっています。

 

日本の癌検診率は先進国のなかでも異常に低いため、予防医療の後進国だとも言われてしまっています。

 

例えば、乳癌検診受診率(50〜69歳)でいうと

  • 80.8%、アメリカ
  • 75.9%、イギリス
  • 64.3%、韓国
  • 41.0%、日本

このような状態です(>_<)

 

まとめ

 

癌検診が今以上に普及し、早期発見・早期治療が実現できれば、総合的に見て莫大になっている医療費を抑える策にもなります。

広津助教&日立製作所による「N-NOSE」の開発に期待が高まります♪

※冒頭の画像出典:PAKUTASO