未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【二階幹事長が危ない】舌禍大臣の親分〜この親にしてあの大臣あり!?



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170429051317j:plain

 

派閥の領袖、二階幹事長が傘下の今村元大臣を庇うのは、わからなくもない。

しかし、追求するのが仕事でもあるマスコミを指弾するのはいかがなものか。

どうやら、あの「マスコミ発言」はいろんな思惑があるようで...。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

4/26二階幹事長の過激な擁護発言

 

二階幹事長は、派閥の今村氏が大臣辞任したことを受けて、4/26、都内の講演でこう言及しました。

 

  • 人の頭をたたいて、血を出したっていう話じゃない。
  • いちいち首を取るまで張り切っていかなくてもいいんじゃないか。

 

つまり、報道陣にも問題ありと言い放ったのです。

 

  • 政治家の話をマスコミが余すところなく記録をとって、一行悪いところがあったら『すぐ首を取れ』と。

  • 何ちゅうことか。

  • それの方(マスコミ)の首、取った方がいいぐらい。そんな人は初めから排除して、入れないようにしなきゃダメ

 

以上の二階幹事長発言は、当然、与野党のいろんなところから批判続出。

ブログ管理人は、二階幹事長は分かっていて、あえて発言しているのではと考えていました。

 

4/28本音を吐露する!?

 

28日の記者会見で、二階幹事長が今村雅弘・前復興相の更迭に関し、即日判断した安倍晋三首相への不満を漏らしたのです。

 

あの「首を取るまで張り切らなくて良い」発言は首相官邸に向けたものではないか、と質問を受けた際に、否定しませんでした。

 

否定しないどころか次のように発言したのです。

 

  • いきなりですよ、いきなり。
  • それは当たり前じゃありませんか。
  • 私の真意は、本人(今村氏)にも発言の機会があっても良いんじゃないかと。
  • 話を聞いてあげても良いんじゃないか、という思いがあった。

 

今村氏は二階派の所属です。

そして、更迭につながったのは25日の同派パーティーの講演での発言でした。

そのあと来賓として登壇した安倍首相がいきなりの謝罪。

これに二階氏は顔を潰されたと腹を立てたようなのです。

 

あの二階幹事長発言で誰が困るか?

 

それを考えれば、あの発言の意図は明らかだったわけですね。

これまで二階氏は安倍首相を強力に支えてきた一人です。

これで二人の関係にヒビが入るのか?

それが起きそうで起きないのが政治家の世界なんでしょうか...。

 

まとめ

 

政治家の世界って仁義なき戦いのあの世界に似てるのでは...。

今村氏の懲りない発言の数々にも呆れましたが、その後の二階幹事長の多くの言動にも、それ以上に呆れましたが。

 

自民党支持者の中に、いろんな迷いが起きないか心配ですね。

※冒頭の画像出典:自民党