未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【電車が止まった】北朝鮮ミサイル発射失敗〜日本の対応のひとつを体験し...



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170430043849p:plain

 

緊張状態が続いている北朝鮮ですが、様々な国からの警告を無視し、4/29ミサイルを発射しました。

そんな北朝鮮の暴挙の影響を、ブログ管理人は直接体験しました。

始発電車が止まったのです(>_<)

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

4/29、始発電車に乗り東京方面に向かう

 

ブログ管理人は、4/29用事があり、始発電車に乗り東京方面に向かいました。

始発電車でも、終点に着く頃には、かなりの乗車になります。

 

そして、あと10分ちょっとで終点に着くかなというとき、電車が突然、緊急停止しました。

 

この路線、人身事故などで、ちょいちょい電車が止まるので「また人身事故か、2時間くらいは止まっちゃうかも」と思っていました。

 

車内放送では、

  • 緊急停止の理由は告げることなく、ただいま安全確認中

ということを繰り返すばかりです。

 

最長2時間くらいの停止は覚悟していた矢先、結局、10分くらいの停車で発車しました。

終点に着くまで、停車理由のアナウンスはありませんでした。

 

_/_/

北朝鮮ミサイル発射については、こちらの記事もどうぞ。

 

北朝鮮ミサイル発射の影響!?

 

のちに用事先で「この停車が北朝鮮ミサイル発射の影響であった」ことを知ります。

 

どうやら、

  • 北朝鮮がミサイル発射した場合、その情報を受けて、安全確認のため、一時、運転を見合わせる

という措置があらかじめ決まっているのですね。

 

ネットを調べると、東京メトロなどがこの措置に基づき、およそ10分止まったとありました。

 

ブログ管理人が乗ったのは地下鉄ではありませんが、同様の措置が決まっていたのでしょう。

 

一方、東京メトロの情報をサイトで見ると、東京メトロ車内では

  • 北朝鮮がミサイルを発射した影響で運転を見合わせています。

との車内放送があったとか...。

 

電車の緊急停止は必要な措置なのか、時間差は何!?

 

この緊急停止措置は、本当に必要な措置なのでしょうか。

 

_/_/

 

北朝鮮がミサイル発射したのは、午前5時33分頃だったといいます。

一方、ブログ管理人が乗った電車が緊急停止したのは午前6時7分過ぎです。

時間差34分。

 

今回のミサイル発射は失敗で、北朝鮮内に落ちたとのことです。

これ東京方面に発射されていたとしたら、いろんな計算があるみたいですが、万一の場合、10〜15分くらいで東京着弾するとの情報もあります。

 

つまり、午前5時33分にミサイル発射があり、午前6時7分に電車緊急停止というのは、かなりナンセンスではあります。

 

そうはいっても、電車の緊急停止は、万一の場合の混乱を避けるという点では意味があるのだと思います。

 

なお、今回はこの時間差が理由なのでしょうか、Jアラートはなかったです。

 

今後どうすべきだろうか...

 

まず、国・政府・公共交通機関側へのお願いです。

 

やはり、発射から遅滞なく緊急停止等の措置ができる体制まで精度をあげていただきたいというのがひとつです。

 

発射情報を掴むのが遅いと、Jアラートなどもあまり意味をなさないのではと心配になりました。

 

ふたつめは、東京メトロでは「北朝鮮からミサイルが発射されたので(云々)」との車内放送があったようですが、混乱をさけるためには、このような直接的な放送をどうするかについて、検討をしていただきたいですね。

 

そして、私たち自身。

 

北朝鮮の脅威はひとごとではないという認識が必要なのだと改めて強く感じました。

 

いまの緊張状態は、何が起きるかわからないということであり、日本が危機にさらされているという事実を認識しなくてはということなんですね。

 

なので、万一のことを想定し、各企業レベル、あるいは各戸レベルで「そのときどうするか」というシミュレーションや対策を話し合うことは必要でしょう。

 

まとめ

 

今の緊迫した状態が話し合い解決へ向かうことを強く望みます。

 

ただし、常識が通用する相手ではないことも確かです。

 

平和ボケしていると言われる私たちですが、「万一の備え」は国家レベル・行政レベルだけでなく、個々人レベルでも行うべきだという契機になる「今回の公共交通機関緊急停止体験」でした。

 

今回は大事に至らなくて良かったです。

※冒頭の画像出典:北朝鮮がわかるブログ