未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

気温上昇は通風に注意〜プリン体以上に、果糖が要注意なんです!



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170501171108p:plain

 

ブログ管理人は痛風じゃないです。

でも、上司が長くこれに苦しんでいました。

とても苦しんでいました。

自分が当時の上司と同じ年齢になると、いよいよ心配になります。

で、自分なりに痛風を調べてみました。

この記事は「医療記事」ではないですから、この記事を参考にして何かをしようというのはやめてくださいね。

じゃぁ、なんでこんな記事書くのよ...ということですが、ただただ自分の勉強のために、自分のモチベーションのために書きました♪

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

当方、2型糖尿病です(>_<)

 

ブログ管理人は、2型糖尿病と診断されてかれ4年目に突入しています。

血糖はそれなりにコントロールできており、合併症も発症していません。

 

一方、痛風は、もともと、尿酸値は許容範囲内(3.7〜7.0)にあるので大丈夫といえば大丈夫なんですが、油断してはだめだということで、痛風について少し調べることにしました。

 

ちなみに、ここ2回の人間ドックの尿酸値は5.5、5.8。

直近のは、微妙に上昇しているんですよね。

なので、ちょい心配なんです(>_<)

 

気温が上がると痛風が増える!?

 

順天堂大学大学院教授・堀江重郎氏によると、気温が高くなると痛風が増えるだそうです。

だから、ブログ管理人も油断しないで食生活等を見直さなくっちゃ...ということです。

 

痛風というのは血中の尿酸が多くなる「高尿酸血症」が原因で発症します。

尿酸はプリン体から作られます。

そして、プリン体はビールとかレバー、いくらなどにたくさん含まれています。

ブログ管理人は、糖尿病発覚以降、 大好きなビールは、きっぱりと口にしていません。

でも、レバーとかいくらとか、魚や肉とか...プリン体が多そうな食べ物は相変わらず好きなんです。

注意します。

 

で、実は、痛風における食べ物の影響は2割なんですって。

のこり8割は体質や遺伝なんだとか、怖っ!!

 

できることといえば、やはり食べものなので、もう少し調べると...。

 

合併症は糖尿病だけじゃない!?

 

糖尿病になってから、恐ろしいのは実は合併症だということはすぐに学びました。

糖尿病は完治しないと認識していますが、だからこそ、糖尿病治療の目標は合併症を発症させないことだと理解しています。

 

そうなんです、ブログ管理人は糖尿病発症4年目の今も、合併症を抑えるために薬物療法、食事療法、運動療法をあきずにやっているわけです。

これからもね。

 

で、痛風を調べていて驚きました。

なんと、痛風にも合併症があるんですね。

血中の尿酸値が高くなることで、痛風結節、慢性腎臓病、尿路結石などが起こります。

 

怖い怖い...。

 

実は、この怖い怖いという感覚をきちんと感じることが「それでは対策をやろう」というモチベーションに繋がるのです。

 

だから、怖さを実感することはとても大切なことだと思っています。

 

果糖もヤバイ!?

 

実は、血中の尿酸値を高めるのは何もプリン体だけじゃないそうです。

 

果糖〜果物に含まれている糖分〜も尿酸値を高くします。

果糖というと、何も果物だけでなく、清涼飲料水、ヨーグルト、スイーツなどあらゆる食品に含まれています。

 

なので、糖尿病患者として食べ物の糖分を確認するように、痛風を防ぐために、食べ物の果糖を意識しようと思います。

 

まとめ

 

わかったことは、痛風には合併症があり怖い。

食べ物の影響は2割だが、プリン体や果糖には要注意。

 

2型糖尿病治療で、食事療法習慣化ができているので、合わせて、プリン体と果糖のコントロールもやって、痛風を防ぎたいと思っています。

 

当面の目標は、次回の人間ドックで尿酸値を若干でも下げるて安定化させることですね。

 

ブログ管理人は、糖尿病をメインに、歯周病なども継続的に治療しています。

これに尿酸値を上げないための食事の工夫などを加えたいと思います♪ 

※冒頭の画像出典:トレンジャーX