未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【森友問題の本質】〜幼児教育資質がない者の幼稚園・保育園経営にあるのでは?



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170503114725p:plain

 

森友学園の籠池夫婦ですが、先週、2人が同時に動いたのです。

夫は民進党に呼ばれ、議員の前、いつもの籠池節で強力なイメージ操作を。

妻も、園に訪れた行政指導に対し、いつもの罵倒対応で一蹴!?

森友学園問題の本質が暴かれたのです。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

  

4/28民進党のヒアリング

 

民進党は、今後の政権追及のネタとするためか、4/28に籠池全理事長を呼び、ヒアリングしました。

 

そして、そのヒアリングのなかで、籠池氏は、「昭恵夫人」「昭恵先生」を連呼し、財務省の「特例」が安倍昭恵氏からのなんらかのアクションがあったせいと結びつけるような巧みな印象操作をしました。

 

このヒアリング、何回か繰り返し見返しましたが、籠池氏は一言も「安倍昭恵氏が財務省にかけあってくれた」とは言っていません。

 

しかし、その言い方は巧みで、まるで「安倍昭恵氏が財務省にかけあった結果、財務省の特例がおきた」ように印象づけました。

 

民進党がこれをもって政権を追求するとしたら...アホです。

 

しかも、これを明らかにするために安倍昭恵氏を証人喚問するべきだと言ったら...二重にアホです。

 

エビデンスがなさ過ぎますから...。

 

でも、印象だけで追求をやるでしょうね、民進党は。

 

それはそうと、蓮舫代表の二重国籍問題はどうなったのでしょうか。

 

同じ日、妻は行政指導に応対

 

夫・籠池氏が民進党議員の前で巧みで強力な印象操作をしているとき、妻は、行政指導に応対していました。

 

横には、息子も臨席。

 

保育士の必要数を満たしていないことなどについての行政指導です。

しかし、妻は改善策を示すわけでもなく、指導がうざいと文句をつけます。

 

そして、保育士の人数は問題ではないと言い放ちます。

うちには、いい先生がいると...。

でも、どうやら行政指導側の発言によると、妻がいい先生というその人は、保育士の資格を持っていないとのこと。

 

万一、認可がなくなると月60万円の給付がなくなるとかで、「月20万円しかもらってない私をいじめるのか」みたいな発言をし続けていました。

 

その問題発言の脇で、長男が母のオバカ発言を制するのですが、件の主は口を閉じません。

 

およそ、70分の行政指導があったのですが、少しの改善策が示されることなく終わったようです。

 

マスコミカメラをいれてのオバカ行動です。

 

意図が全く見えません。 

 

森友学園問題の本質が明らかに...

 

これまで森友学園問題の本質は「どうして格安過ぎる金額で土地が森友学園の手に渡ったか」ということが言われてきましたが、それは違うということがはっきりしてきました。

 

この森友学園問題の本質は、誤解を恐れずにいうと「詐欺」です。

また、見方を変えると、本来、幼児教育の資質が全くない者たちが、自分の私利私欲のために経営をしていたことにあります。

 

籠池夫婦らには、幼児教育関連の経営をしていく資質も力もないことは、これまでの言動で散々わかってきましたし、今回の4/28の夫婦の行動でそれが決定的になりました。

 

嘘をついてでも、公的なお金をいかに多く奪うか...ということには頗る長けていた籠池夫婦。

 

あちこちに嘘ありまくりの籠池夫婦に、ヨイショする政党の気が知れません。

 

あるコメンテーターの発言

 

ある番組で、籠池氏妻の行政指導に対するあり得ない応対を放送していました。

それを見ていたコメンテーターが...

 

  • 恐らくこれで認可はだめになるでしょう。
  • 籠池さんは本当に自信があるのなら、無認可でやればいいんです。

 

この発言は、かなり問題ですね。

無認可に対する冒涜のような発言です。

籠池夫婦には、幼児教育関連の経営、保育園&幼稚園の経営をする素質も資格もない人たちというのが本質です。

 

なので彼らが無認可で経営することも、あってはならないことなのです。

 

まとめ

 

連休明けから国会の特別審議が行われるとか。

民進党は、森友学園問題の追及で展開させるのでしょう。

政権つぶしありきのスタンスでやると、間違うかも...です。

 

まずは、森友学園・籠池ご夫婦の罪を明らかにしていただきたいものです。

※冒頭の画像出典:世界のニュース トトメス5世