未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【仏大統領選】最年少マクロン氏当選〜消去法でルペン氏に勝利〜EUどうなる!?



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170509054506p:plain

 

極右・ルペン氏と無党派・マクロン氏の仏大統領選挙はマクロン氏が勝利し、最年少39歳の大統領が誕生します。

投票前の予測通りに、極右・ルペン氏の大統領実現を嫌った人たちが消去法的にマクロン氏に投票した模様です。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

マクロン氏とは...

 

エマニュエル・マクロン氏は、1977年12月生まれの39歳。

フランス財務省財政観察総局の財政監察官としてキャリアをスタートさせ、その後、投資銀行に入行し、2010年には副社長格に昇進します。

 

2012年には大統領府副事務総長として当時の大統領フランソワ・オランドの側近になります。

2014年には経済・産業・デジタル大臣に就任します。

 

また、左派右派のあらゆる良き意思を結集して左派でも右派でもない政治を目指すために、政治運動「アン・マルシェ!」を結成します。

 

マクロン氏は高校生のときのフランス語教師の女性に夢中になり、29歳のとき、この女性ブリジッド・マクロンさんと結婚します。

なんと24歳年上のファーストレディーの誕生です♪

 

ルペン氏とは...

 

当選すれば、女性初のフランス大統領となるはずでしたが...。

極右の姿勢やロシアとの関係などが圧倒的に嫌われ、消去法で票がマクロン氏に流れました。

 

マリーヌ・ル・ペン氏は1968年生まれの48歳。

弁護士としてキャリアスタートさせたのち、2011年から2代目の同等党首となりました。

実は、ルペン氏は国民戦線創始者&初代党首の第3女だったのです。

バツ2です。

 

政治姿勢としては...

  • 妊娠中絶や同性愛容認
  • 反イスラム主義
  • 対テロリズム強行派&国境警備強化
  • 二重国籍廃止
  • 同性結婚の廃止
  • ユーロ離脱 等々

 

投票結果は消去法...

 

ルペン氏の極右的政治姿勢が嫌われ、消去法的にマクロン氏が勝利したと分析されています。

実際の人々の声は、極右も嫌、超エリート(マクロン氏)も嫌ということで、白票を含め、両者ともの支持しないという層も多かったというのが今回の大統領選の特徴です。

 

マクロン氏は、オランド政権で経済相を務めてはいるものの政治経験が乏しいということが懸念されます。

 

また、およそ1世紀にわたり、右か左かという偏りのなかで政治が行われてきた状況でしたが、今回、右でも左でもない中道トップがどう政治を動かすのか...。

 

さらに、マクロン氏は、議会の反勢力とどう闘っていくのか...。

 

いろんな懸念が渦巻いています...。

 

まとめ

 

フランスの政治的混乱は、これから始まるのでしょうか...。

_/_/

EU混乱の風をとめることができるのか。

24歳年上のファーストレディーとともに、しっかりウォッチしていきたいですね。 

※冒頭の画像出典:dot.