未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『母になる』第5話〜広が逃亡の顛末記〜育ての母・麻子の思惑は!?



<スポンサードリンク>

f:id:kanreki7:20170414103410p:plain

 

沢尻エリカさん主演『母になる』。

謎は少しずつ解けていくと思ったら...まだ中盤なので、よりごちゃごちゃしてきました。

スッキリしないまま視聴者にストレスが溜まっていく感じでしょうか。

第5話では、そのストレス少しは晴れるのか...。

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

  

第4話までのおさらい

 

誘拐された息子・広(こう/道枝駿佑)と再会し、再び暮らすことになった結衣(沢尻エリカ)と陽一(藤木直人)。

しかし、広は育ての母・麻子(小池栄子)から邪険にされ、傷つきます。

それは、結衣への反抗的態度となって現れます。

 

麻子が広にきつくあたったのは、どうも児童福祉司・木野愁平(中島裕翔)の意向だったようです。

 

すると...

 

木野愁平は、いったい結衣や広と、あるいは麻子とどういう関係にあるのか。

謎が深まります。

 

 

_/_/

  

『母になる』については、こちらの記事もどうぞ。

 

第5話のあらすじは...

 

結衣(沢尻エリカ)との関係性がうまくいかない広(道枝駿佑)は、再び施設で暮らすことになります。

しかし、戻る途中に姿を消してしまいました。

 

結衣は、麻子のところに行ってしまったと危惧しますが、児童福祉司・木野(中島裕翔)から、施設の友人とネットカフェにいたと連絡が入ります。

 

結衣は、木野に任せることにしましたが、心配でなりません。

 

そんなこんながあった頃、麻子は、一緒に飲んで意気投合した琴音(高橋メアリージュン)から新しい仕事を紹介してもらいます。

 

琴音といえば、結衣と陽一(藤木直人)が離婚してから、陽一の面倒をみてきた女性です。

 

麻子と琴音の接触は偶然でしょうか、それとも何かの意図があるのでしょうか。

 

なんと、琴音が紹介した仕事先は、柏崎オートだったのです!

 

個人的に気になるキャスト、中島裕翔さん

 

気になるキャスト紹介の5人目です。

 

今回は、児童福祉司・木野愁平役の中島裕翔(なかじまゆうと)さんです。

 

中島裕翔さんは、東京都町田市出身で、1993年8月生まれの23歳。

Hey! Say! JUMPのメンバーです。

 

ジャニーズファンの間では、それなりに有名だったと思います。

そんな中島さんが全国区になったのは、あの事件です。

 

そう、吉田羊さんとネンゴロになっちゃったアノ報道。

 

1年前、写真週刊誌にすっぱ抜かれ騒動になります。

当時、20歳差の恋愛と大きな話題に。

 

中島さん、吉田羊さんに◎◎られちゃったんでしょうか...。

 

_/_/

 

中島さん、騒動の直後くらいにフジテレビで主役抜擢。

『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』(フジテレビ系列)です。

平均視聴率はフジテレビらしく6.09%と低迷。

吉田羊さんとの熱愛報道に影響を受けたのかどうかは定かではありません。

 

ブログ管理人は、大好きな吉田羊さん絡みだったので、中島さんを敵視しましたが(笑)、ドラマ『HOPE』は楽しく最終話まで拝見しました。

 

中島さんの演技、素敵でした。

 

今回の『母になる』では、謎多き人物で、これも好演していると感じています♪

 

まとめ

 

第5話は、なんだかさらにゴチャゴチャ度が増していくみたいな感じですね。

そろそろ、1度くらいスッキリさせてくれないと、ドラマから離れちゃう人もいるのでは。

第5話、第6話あたりが勝負所ではないでしょうか。

このまま視聴率ダダ減りするのか、それとも、盛り返すのか。

_/_/

第5話の展開が注目です。

※冒頭の画像出典:Hey! Say! JUMP情報局