未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

藤井聡太四段16連勝中の14歳がついに負けた!?〜しかも小学2年生女児に(-_-)



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170502084625p:plain

 

中学生のプロ棋士・藤井聡太四段(14)、公式戦16連勝と驀進ちうでしたが、とうとう負けてしまいました(>_<)

相手は、地元岡崎市の小学2年生の女児!?

でも、藤井プロはニコニコなんです♪

 

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

藤井聡太四段は...

 

2002年7月生まれの14歳、中学3年で、加藤一二三プロの最年少プロ記録を塗り替えました。

 

5歳のとき、祖母からの手習いで将棋を始めてから、驚くほどの強さに成長し、今日に至ります。

 

2016年9月、日本将棋連盟主催「第59会奨励会三段リーグ」で13勝5敗の1位。

この結果、同年10月1日付で、四段となります。

将棋の世界では四段からプロなのです。

 

藤井昇太さんは、14歳2ヶ月でプロ入りを果たしました!

 

藤井四段負ける!?

 

愛知県岡崎市。

藤井四段の地元です。

ここで5/6から「将棋まつり」が開催されました。

 

この日、藤井プロとちびっ子たちが対局したのです。

プロ10人がリレー形式で、超短時間で指し継ぐ多面指しです。

プロであっても、あまりの無理難題なので、プロに勝つ子供たちも現れます。

 

藤井四段に「負けたがや」と言わせたのは、地元岡崎市の小学2年生の女児。

彼女はこう言いました。

  • 将棋が一緒に出来て嬉しかった。
  • 聡太くんに「参った」って言われてうれしい。
  • 将来はプロ棋士になりたい。

 

おそらく、この子は、この日の勝利でプロへの夢を驀進し、それを果たすのかもしれません。

 

連勝についての藤井四段の思いは...

 

お母さまに代弁してもらいましょう。

  • 本人は1局1局に集中していて、連勝はいつか止まると気にしていません。
  • 逆に連勝がプレッシャーになってもいないようです。

 

藤井四段は、世間が考えちゃうような器をはるかに凌ぐってことです。

流石ですね。

 

 

_/_/

 

翌5/7には岡崎丈二の丸で豊島将之八段との公開対局(非公式戦)があり、藤井四段は敗れます。

 

お母様の発言どおりなら、負けても関係ないです...ってことなのでしょう。

 

まとめ

 

世間が気にする連勝記録は...やはり意味ないですね。

それよりも、タイトルをいつ獲るのか。

まずは、それですね♪

 

※冒頭の画像出典:将棋情報局