未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

稀勢の里、夏場所出場決定〜意外に短命に終わるかもしれない理由!?



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170512062224p:plain

 

横綱・稀勢の里が夏場所(5月場所)に出場することが決定。

先場所中に左肩を負傷するも休場せず、千秋楽の本割・決定戦と照ノ富士に連勝し連続幕内優勝を飾った稀勢の里。

しかし、短命に終わるのではと心配しています。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

夏場所(5月場所)出場決定!

 

稀勢の里、先場所連続優勝を果たしたものの、全治1ヶ月の怪我を負ってしまいました。

全治1ヶ月というのは、復調するのに1ヶ月ではない...ということはもちろんのこと。

怪我が治っても、体調をもとに戻すのは大変なのです。

夏場所の初日は5/14ですから、先場所から2ヶ月もないわけです。

稀勢の里は必死に復調のための稽古をしているようですが、まだ万全とはいえません。

 

5/3の稽古総見は休んでしまいました。

田子の浦部屋の稽古も外には漏れないので、よくわかりません(>_<)

5/3稽古総見休みの頃は、やっと三枚目力士と稽古ができるようになったとか。

そして、田子の浦部屋としては珍しい出稽古に稀勢の里が出るようになったのがホンの数日前です。

そのとき、突然、白鵬が現れましたが、白鵬と稀勢の里の横綱同士の稽古は実現しませんでした。

まだまだ稀勢の里が万全ではないということです。

 

怪我を無理して出場すると、復調どころか、怪我が長引き、力士生命アウト...となりかねません。

 

_/_/

 

しかし、5/11、田子の浦親方が稀勢の里の出場を明言しました。

 

稀勢の里が初優勝し、合わせて横綱昇進を果たして以来の稀勢の里フィーバー。

稀勢の里の夏場所出場に喜ぶファンは多いことでしょう。

 

でも...。

 

先代・鳴門親方の呪縛!?

 

稀勢の里の夏場所出場については、賛否両論ありますね。

 

  • ファンの多くが出場を望んでいた。
  • 3連続優勝を目指して頑張ってもらいたい。 

 

一方...

 

  • 再び怪我をして、長引くのが心配。
  • 横綱の怪我は引退に繋がる。
  • 短命に終わってしまうのではないか...。

 

結局は本人の意思次第ですから、その結果が、3連続優勝になるのか、再びの怪我で引退につながるのか...どちらであってもファンは受容せざるをえないわけで...。

 

_/_/

 

ところで心配なのは先代・鳴門親方の呪縛です。

 

先代・鳴門親方、横綱・隆の里は休まずに頑張る人でした。

相撲界に入ってずっと鳴門親方の指導を受け、親方を尊敬し続けてきた稀勢の里。

おそらく、横綱になって、「横綱の在り方としての理想像」は隆の里なのでしょう。

 

実は、ずっと隆の里ラブだったのです。

 

これまでに稀勢の里の休場は1日のみです。

それも、田子の浦親方が心配して、稀勢の里には無断に休場届を出してしまった。

これが稀勢の里にはくやしく、大きな傷になってしまいました。

 

そして、稀勢の里と田子の浦親方との確執にも繋がっているのです。

 

普段2人は口も聞かないといいます。

 

困ったものです。

 

どちらかというと横綱まで登り詰めた稀勢の里のほうが問題ですね。

柔軟性なさすぎです。

 

ちなみに、ブログ管理人は稀勢の里の大ファンです。

日本人力士だからというわけではありません。

稀勢の里以上に好きなのが白鵬ですから...。

 

白鵬は稀勢の里の稽古を見て「場所のなかで復調させるのかな」みたいな発言をしています。

 

力士というのはそういうことがあるんでしょうね。

 

でも、横綱で大きな怪我を負ったら、あの貴乃花のように...。

怪我は横綱にとって命取りなんです。

 

だからこそ、横綱にとって「休場」は重要な選択肢なんですけどね。

 

まとめ

 

出るからには頑張ってもらいたい...といいたいところですが。

稀勢の里ファンとしては、頑張ってもらいたくないです。

つまり、3連続優勝など目指してほしくないです。

2桁10勝でOKですね。

そして、頑張ってもらうとしたら、高安が大関になるための援護射撃をやってもらいたいですね。

_/_/

一ファンとしての望みは...

  • 大きな怪我をしないこと
  • とりあえずの10勝
  • 高安の大関昇進を支える

です。

※冒頭の画像出典:ricoママのてくてく日記