未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『リバース』第4話〜いよいよドラマ独自の色がどんどん出てきた!?



<スポンサードリンク>

f:id:kanreki7:20170416112446j:plain

 

ドラマ『リバース』(TBS系列)の第4話です。

原作にはない登場人物がいたり、時代設定が微妙に違っているので第3話あたりから、明らかに原作とは違う味付けが出てきました。

第4話でさらにどれだけの「違い」が出てくるのか。 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

ちょいネタバレ〜原作と違うドラマ、パート2

 

第3話の記事で、原作の小説『リバース』とドラマ『リバース』の大きな違いについて書きました。

 

ひとつは事件当時刑事で、いまはジャーナリストの小笠原(武田鉄矢)です。

どうも、「あの告発文(◎◎は人殺し)」は小笠原の仕業ではないみたいですね。

すると、誰が...。

 

それから、時代設定が微妙に違うんです。

原作では4人が大学を卒業してから3年くらいでスタートします。

一方、ドラマでは10年くらい経ってからのスタート。

だから、谷原(市原隼人)は結婚してるなどの違いもあります。

 

それに谷原は左遷されてなかったし...。

 

村井(三浦貴大)も、まだ結婚していません。

だから、原作には、あの悪妻(?)も登場しません。

結婚していないので、原作では、浮気問題も抱えていないわけです。

 

_/_/

 

これだけ違いがあると、原作を読んだ者もドラマ楽しめますね♪

 

第4話のあらすじ

 

4人それぞれに問題発生...。

 

谷原(市原隼人)は、ホームから突き落とされてしまいます。

単に告発するだけではなく、命を狙う誰かがいる...ということですね。

浅見(玉森裕太)は、生徒の飲酒問題で、首謀者たる生徒の親から糾弾されています。

村井は不倫も実際の夫婦生活も破綻しそうな感じです。

そして、深瀬(藤原竜也)は、美穂子(戸田恵梨香)とうまくいっていません。

 

そんななか、谷原をのぞく3人は集まり、事件について話すのです。

そこで浮かんできた敵の姿は...。

一方、村井(三浦貴大)の妹でもあり市原の妻でもある明日香(門脇麦)のもとに、小笠原(武田鉄矢)が現れます...。

 

まとめ

 

 

原作を読んだ者として、第4話からは原作をすっかりわすれてドラマに集中することにします。

別物のコンテンツとして楽しみますね♪ 

※冒頭の画像出典:Tabetainjya