未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【結果】5月場所2日目〜注目の6番〜そして、2日間で今場所を占う!?



<スポンサーリンク>



大相撲5月場所(両国)の2日目、昨日に引き続き、注目の6関取の取組について書きます。

合わせて、たった2日間ですけど、それで5月場所がどうなるかを勝手に予測してみます。

優勝は、関脇・高安...ではないかと考えています♪

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

  

5月場所の注目関取をもう一度...

 

5月場所で注目しているのは次の6人の関取です。

  1. 横綱・白鵬の38回目の幕内優勝
  2. 横綱・稀勢の里の3連続優勝
  3. 大関・照ノ富士の横綱昇進の足がかり
  4. 関脇・高安の大関昇進
  5. 前頭筆頭・遠藤の活躍
  6. 新入幕・小柳改め豊山の活躍

 

それでは、取組順に書きます。

まずは、「6」の豊山から...

 

前頭16・豊山

 

2日目の相手は、前頭15・妙義龍です。

初顔合わせ。

_/_/

結果は、突き落としで妙義龍の勝ち。

豊山、2日目で、新入幕初黒星です。

_/_/

豊山の昨日の堂々とした取り口は影を潜め、立ち会いから低くあたった妙義龍が豊山に相撲を取らせず、そのまま豊山を土俵外に。

妙義龍が意地で勝ち取った白星という感じでしょうか。

_/_/

2日間を見る限り、豊山が新入幕で暴れ回る...というようにはならないかもしれません。

 

大関・照ノ富士

 

2日目の相手は、関脇・玉鷲です。

過去の対戦は、照ノ富士の8戦5勝3敗です。

_/_/

結果は、押し出しで玉鷲の勝ち。

照ノ富士は、連敗です。

_/_/

立ち会い照ノ富士は右で張って左差し。

しかし、玉鷲それをはねのけてから、一方的に照ノ富士を土俵際に追い込み、照ノ富士はなすすべもないまま土俵を割ります。

照ノ富士は怪我の具合が良くないのでしょうか。

_/_/

2日間を見る限り、今場所、照ノ富士が横綱昇進の足がかりを掴むことは...どうも無理そうです。

それだけではなく「いつものように」、勝ち越しのあとの負け越しがまっている...のかも(>_<)

 

関脇・高安

 

2日目の相手は、大関・豪栄道です。

過去の対戦は、高安の22戦14勝8敗です。

_/_/

結果は、突き出しで高安の勝ち。

高安は連勝です。

_/_/

立ち会い、豪栄道が低く突っ込むも、高安は少しも動ぜず。

豪栄道になにもさせずに、一気に豪栄道を突き出します。

まるで「横綱相撲」のような取組でした。

高安、強し...です。

_/_/

2日間を見る限り、今場所の「高安初優勝」はありえるのでは...と思いました。

2日間の3役以上の全取組を見る限り、優勝は4関取に絞られたのではないかと思って居ます。

それはあとの項で。

そして、高安の優勝以上に、実現性が高いのは「高安の大関昇進」です。

 

横綱・稀勢の里

 

2日目の相手は、前頭2・隠岐の海です。

過去の対戦は、稀勢の里の20戦17勝3敗です。

_/_/

結果は、寄り切りで稀勢の里の勝ち。

稀勢の里、初日出ました。

_/_/

立ち会い、隠岐の海が両差しになりかけますが、稀勢の里が左をねじ込んで左下手を取り、隠岐の海を土俵際に追い込みます。

そして、腰を落として万全の体勢で隠岐の海を寄り切ります。

_/_/

2日間を見る限り、15日間を取りきることは「できる」と感じました。

もちろん...稀勢の里の優勝は望んでいません。

怪我を悪化させることなく、無事、15日間を終えることを望むばかりです。

ところで...

2日目、2つ前の取組で照ノ富士が土俵際に落ち、そのとき、土俵下にいた稀勢の里にぶつかったときはヒヤリとしました。

稀勢の里が苦痛に顔をしかめたのでなおさらです。

稀勢の里は左足首あたりをしきりに指すっていたので、今度は、足を怪我したのか...と思いましたが、対・隠岐の海戦の土俵際での足の運びを見る限り、足は大丈夫そうなので安心しました。

 

横綱・白鵬

 

2日目の相手は、小結・嘉風です。

過去の取組は、白鵬の14戦13勝1敗です。

_/_/

結果は、叩き込みで白鵬の勝ち。

白鵬、連勝です。

_/_/

待ったのあと、少し嘉風の立ち会いが遅かったので、また待ったかと思いましたが、そのまま続行。

両者、突きの応酬となります。

そして、嘉風が少し前のめりになった瞬間を逃さず、白鵬が叩き込み。

_/_/

白鵬は連勝ですが、2日間の勝ち方を見る限り、往時の勢いはないと感じています。

つまり、圧倒的に白鵬が優勝するだろう...とは言えないということです。

おそらく、10日目くらいまでに優勝争いからは外れる...のでは。

 

前頭筆頭・遠藤

 

2日目の相手は、横綱・日馬富士です。

過去の対戦は、遠藤の6戦全敗です。

_/_/

結果は、押し出しで日馬富士の勝ち。

過去対戦どおり、遠藤は全く手も足も出ない状況です。

_/_/

立ち会い、より低くそして強くあたったのは日馬富士です。

本来なら、それ逆じゃないとだめですね。

そして、全く相撲をさせてもらえず遠藤は土俵を割ります。

_/_/

2日間を見る限り、遠藤は今場所も勝ち越せるかどうかギリかもしれません。

しばらく上位戦が続くので、中日までに何勝できるかが勝負ですね。

中日までを勝ち越し以上で終えられないと、負け越しの可能性大です。

初三役どころじゃないです(>_<)

 

5月場所の優勝力士は!?

 

まだ2日目が終わったばかりで気が早い予想ですが...。

ずばり、優勝は関脇・高安です。

そして、もちろん、大関昇進決定です。

_/_/

2日間が終わって、上位の連勝は

  • 横綱・日馬富士
  • 横綱・白鵬
  • 関脇・高安
  • 関脇・玉鷲

だけです。

そして、取り口で判断すると...ここから白鵬がハズれると見ています。

なので、日馬富士、高安、玉鷲の3人が優勝争いをして、そのなかでも2日間の取組が圧倒的に安定している高安が一抜けをすると見ています。

 

まとめにかえて、稀勢の里は...

 

ブログ管理人のまったく個人的な意見です。

横綱・稀勢の里は、怪我を悪化させることなく無事15日間を乗り切る。

勝敗敵には勝ち越せばいいと思っています。

 

少しでも長く横綱として活躍してくれることが、大相撲界にとって大事かと。

 

なので、12日目くらいで8勝になれば上出来なのでは。

 

途中、高安の援護射撃をきっちりやってもらえばと思います。

 

_/_/

 

それから蛇足的な今場所の占いですが...

 

思いの外早々に、上位陣の休場が出てくるのでは...と思います。

※アイキャッチ画像の出典:チケット大相撲