未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【再確認】5/17Huluリニューアルで注意すべきことなど...



<スポンサーリンク>



動画配信サービスのHuluが5/17に大幅リニューアルとかで、ユーザーの対処がいろいろ必要になります。

一番の困り事は、サイトURLが変わってしまうことなんです。

だから対応アプリなどご変える必要があるし、視聴できなくなる媒体も出てきます(>_<)

 

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

Huluのサービスリニューアルとは...

 

5/17において大規模なサービスリニューアルがあります。

そのためのユーザーの対処は2つ。

 

  1. URL変更に伴い、必要なアプリをアップデートする。
  2. 視聴できなくなる媒体を認識し、必要なら対応する。

 

Huluのサービスリニューアルに関する記事については、こちらもどうぞ。


必要な対処について、その1

 

まず前述の[2]です。

 

ブログ管理人の場合、自宅ではソニーのテレビ・ブラビアでHulu動画を視聴することが多かったのです。

ブラビアにはネットサービスとの接続ができる機能があり、リモコン操作で簡単にHulu視聴ができました。

しかし、5/17からは、ブラビアは対象外となり、視聴ができなくなります。

実は、ソニー・ブラビア以外の多くのテレビにおいて、視聴ができなくなります。

これまで視聴が出来たゲーム機器でも視聴ができなくなります。

 

これを対策するには、Apple TVやFire TVなどの機器を導入してHulu視聴ができるようにする必要があります。

 

ブログ管理人の場合は、あらたにFire TV Stickを導入し、Hulu視聴を含め、様々なネット動画配信サービスを楽しめるような体制を実現しました。

 

もちろん、Apple TVやFire TV Stickなどにおいても、URL変更に伴うアップデートは必要になると思います。

 

<スポンサーリンク>

Fire TV Stick (New モデル)

 

必要な対処について、その2

 

動画配信サービスはテレビやゲーム機器以外に、スマホやタブレットでも視聴が可能です。

その場合、多くは、専用アプリからの視聴となります。

もちろん、これらの機器でダイレクトにブラウザにURLをいれて視聴することも可能ですが、手軽さから言えば、専用アプリを使うのが一番でしょう。

 

今回は、HuluのURLが変わってしまいます。

なので、その変更のために専用アプリのアップデートが必要です。

どういうタイミングでそのアップデートが公開されるのかについては、それぞれの専用アプリのお知らせなどを注意してくださいね♪

 

まとめ

 

最近はいろんな動画配信サービスを選択できるようになりました。

ホント、素敵な時代になりました。

そういう選択肢のなかで、Huluは苦戦しています。

現在、有料の動画配信サービスでダントツトップを走っているのはAmazonです。

なので、HuluとAmazonの2つを押さえておけば、ユーザーからみての動画配信サービス環境は、ほぼ完璧ですね。

 

<スポンサーリンク>

Amazonプライム

 

動画配信サービス初心者については、Amazonプライムから入ってみるといいかも...です。 

※冒頭の画像出典:LIG