未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『女囚セブン』第4話〜百目鬼幸子の思惑が全て失敗〜黒幕はどうする!?



<スポンサーリンク>


 

花園刑務所の新入り・神渡琴音(剛力彩芽)が次に対決するのは、全身整形ナースの

矢島千鶴香(橋下マナミ)です。

またしても、百目鬼幸子(宍戸美和公)の指示で矢島が動くのですが...。

百目を操る栗膜が、いよいよ明らかになるのか!?

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

全身整形看護師・矢島千鶴香を演ずる橋下マナミとは...

 

橋下マナミさんは、山形県出身、1984年8月生まれの32歳です。

中学1年の頃、第7回全国国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞して芸能界入りを果たします。

 

16歳で水着グラビアデビュー。

 

映画、ドラマにも、結構な数、出演をしています。

セクシー系枠(?)で、バラエティなどでも活躍。

 

でも...

 

今回の『女囚セブン』では、そういう演技指導なのかどうか分かりませんが、演技は上手くはないですね。

 

なんだか学芸会を見ているようで...。

 

そんな橋下マナミさんにもスポットライトが当たるのがこのドラマ『女囚セブン』のいいところです。

 

第4話は、橋下マナミさん主演みたいな回ですからね♪

 

そして、意外や意外?

橋下マナミさん、華麗な(?)アクションも披露してくれます♪

 

_/_/

『女囚セブン』については、こちらの記事もどうぞ♪

 

第4話のあらすじ

 

第4話では、謎の黒幕から指令を受けた百目鬼幸子(どうめき・さちこ〜宍戸美和公)が、矢島千鶴香(橋下マナミ)をターゲットにして、神渡琴音(剛力彩芽)から情報を聞きだそうとします。

 

矢島は、所内で広まったインフルエンザの看病ということで、琴音に近づき、注射をしようとしますが...。

 

琴音はそれを想定しており、2人はアクションドラマのような対決をするのです。

 

結果、千鶴香が敗れます。

しかし、その後、琴音が想定外の行動に出ます。

千鶴香が打とうとしていた注射を自らに指し、注射してしまうのです。

 

千鶴香は、意識朦朧としている琴音を百目鬼に渡します...。

 

『女囚セブン』のアクションが復活!?

 

第1話で、琴音(剛力彩芽)のアクションが面白いと感じましたが、その後、アクションは封印されたのか...。

 

しかし、第4話で復活ですね。

しかも、千鶴香(橋下マナミ)までがあり得ないアクションを展開するというオマケつき♪

 

こういう琴音のアクションは、毎回でもいいんですけどね。

 

まとめ

 

放送時間帯(深夜枠)にしては、しかも、剛力彩芽さん主演ドラマとしては、視聴率的には健闘しているのではないでしょうか。

 

第2話は、あまりにダルダルでしたので、それが第3話の視聴率に影響したのか、急落。

でも第4話で盛り返しましたね。

まあ、5〜6%あたりを行き来していれば十分なのではないでしょうか。

_/_/

個人的には、ラストまで毎回見るつもりです♪

※アイキャッチ画像の出典:KAI-YOU.net