未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『ボク、運命の人です。』第6話〜いよいよ晴子を自宅に呼ぶってか!?



<スポンサーリンク>


  

『ボク、運命の人です。』の第6話。

晴子(木村文乃)との距離を縮めるために神様(山下智久)が誠(亀梨和也)に出した指令は「晴子を自宅に呼べ」というもの。

そして、今回のキャストピックアップは、われらがヒーロー、主演・亀梨和也さんです♪

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

キャストピックアップ〜亀梨和也

 

毎回の記事で、ひとりのキャストをピックアップして紹介していきます。

今回は...われらがヒーロー、亀梨和也さんです。

 

_/_/

 

亀梨和也さんは、東京都出身、1986年2月生まれの31歳。

 

亀梨さんは、1998年にジャニーズ事務所入所。

1999年には『3年B組金八先生』シリーズで連ドラ初出演。

2001年にはKAT-TUNを結成。

2004年4月には滝沢秀明の主演舞台の代役で舞台初主演をします。

2005年1月期ドラマ『ごくせん』シーズン2で赤西仁とともにメジャーに♪

同年10月期ドラマ『野ブタ。をプロデュース』では、W主演の山下智久と伴に期間限定で組んだユニット「修二と彰」で主題歌『青春アミーゴ』を歌い、これがミリオン達成!

その後、ドラマ、舞台、映画と主演で大活躍していきます。

そして、またまたドラマ『ボク、運命の人です。』で山下智久とともに出演し、主題歌も限定ユニット「亀と山P」で歌っちゃってます♪

 

第6あらすじの前に第5話振り返り

 

神様(?〜山下智久)は、誠(亀梨和也)に晴子(木村文乃)とデートをするぞと予言されちゃいます。

そして、なんとその通りに誠の同級生で元力士だった富田(あかつ)が経営するちゃんこ屋で誠と晴子は食事をすることに...。

そこに、晴子が大々だい好きで、引退したばかりの大寒山(安田大サーカスのHIRO)が訪れ、話をしたり写真を撮ったりできたので、晴子は舞い上がっちゃいます。

 

そして、流れで、誠と晴子は、大寒山の断髪式に参加することに。

 

神様は、誠に断髪式後のパーティーで大寒山に腕相撲で勝てば晴子のココロをつかめると妙なアドバイスをし、誠は腕相撲のトレーニングに精を出します。

 

そのトレーナーはなんと晴子との恋のライバルだった〜過去形ね〜定岡(満島真之介)だったのです!!

(第5話の紹介記事より)

 

_/_/

第5話については、こちらの記事もどうぞ♪

  

第6話のあらすじ

  

神様(?〜山下智久)からの指令は徐々にハードルが高くなります。

今回は、晴子(木村文乃)を誠(亀梨和也)の自宅に呼べ...というのです。

 

そのために、神様は、いつも通りの奇抜な指令(?)を添えます。

それは、「メシ、フロ」のような4文字会話を晴子としろと言うのです。

 

誠が試行錯誤をしているさなか、誠の部屋に会社の先輩・関原(大倉孝二)が訪れ、関原は誠以外の人間の匂い〜神様ね〜を感じ取ってしまいます。

しかも、それを誠は同棲してるんじゃね...みたいに(?)、晴子に伝えてしまうのです。

 

当然、傷つく晴子。

騒動の結末は...。

 

 

まとめ

 

神様からの指令が徐々に、そして、確実に誠と晴子の距離を縮めていきます。

初デート→自宅に呼ぶ

次は...あれですかね(爆)。 

 

※アイキャッチ画像の出典:dorama9