未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【高安の初優勝】大相撲14日目、白鵬が優勝しなければ、ありえるかも!?



<スポンサーリンク>



 

大相撲5月場所、いよいよ残り2日。

今日14日目に白鵬が勝てば、38回目の幕内優勝です。
でも、もし今日それが実現できないと【高安の初優勝】の芽が出てくるのです。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

14日目

 

13日目が終わって、優勝争いは全勝で横綱・白鵬が独走です。

追うのは2差で横綱・日馬富士、大関・照ノ富士、関脇・高安です。

 

14日目の対戦は、

  • 高安 対 正代
  • 白鵬 対 照ノ富
  • 日馬富士 対 豪栄道

 

白鵬は14日目、千秋楽は、伊勢ヶ濱部屋の照ノ富士、日馬富士と連日戦うわけです。

ここでこの2人が意地を見せれば、白鵬は13勝2敗。
日馬富士が千秋楽も勝てば、日馬富士も13勝2敗で白鵬と並びます。

照ノ富士は怪我をしていますが、兄弟子のために14日目の白鵬戦は死に物狂いで相撲を取るでしょうから、勝機はあります。

 

ところで高安は14日目、正代を破り、千秋楽で照ノ富士を破ります。
照ノ富士は14日目で力尽きているでしょうから、これで高安も13勝2敗です。

 

つまり、千秋楽、本割が終わって、3人が13勝2敗で並ぶ可能性があるのです。

14日目、白鵬が照ノ富士に負ければ...です。

可能性は十分にあると思いますね。

 

千秋楽、優勝決定戦〜巴戦

 

1つの可能性ですが、千秋楽、白鵬、日馬富士、高安が巴戦で雌雄を決する場合。

巴戦は連続2勝したものが優勝です。

 

若い高安、怪我のない高安には、十分に連勝の勢いがあります。

高安は初優勝で、大関昇進に華を添えて欲しいですね。

 

まとめ

 

圧倒的に白鵬が有利であることは明らかです。
唯一、今の時点で自力優勝できるのは白鵬だけですからね。

一番可能性が高いのは白鵬の全勝優勝なのかもしれません。

でも、ちょっとだけ、夢見たいですね^_^

※アイキャッチ画像の出典:チケット大相撲