未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【結果】5月場所中日〜白鵬、日馬富士全勝ターン&高安1敗〜稀勢の里2敗ね♪



<スポンサーリンク>



 

5月場所中日、白鵬と日馬富士が全勝ターンで優勝争いトップを併走。

それを高安が1敗で追従。

稀勢の里は、8日間をなんとか6勝2敗で乗り切ったですね♪

でも、稀勢の里は優勝しなくていいです。

   

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

中日を終えて、優勝争いは...

 

<全勝〜8勝>

  • 横綱・日馬富士
  • 横綱・白鵬

<7勝1敗>

  • 関脇・高安

<6勝2敗>

  • 横綱・稀勢の里
  • 大関・照ノ富士
  • 関脇・玉鷲
  • 前頭5・正代
  • 前頭7・北勝富士
  • 前頭9・輝
  • 前頭10・宇良
  • 前頭10・栃ノ心
  • 前頭13・大翔丸

 

数日前まで、3敗までが優勝争い圏内だと言っていましたが、先頭を走ってい日馬富士と白鵬の相撲がどんどん良くなってきていることを考慮すると、2敗までが優勝争い圏内でしょうか。

 

さらに、好調の上位陣が多いので平幕の優勝は「ない」と断言できます。

 

なので、上述の日馬富士から2敗の玉鷲までの6関取が優勝争いで、残り7日間を闘うことになるでしょう。

 

6関取に対する勝手なコメント

 

横綱・日馬富士〜8勝

 

満身創痍の身体なのに立ち会いの力強さは、流石、横綱です。

これ以上、怪我をしなければ久しぶりの幕内優勝も「あり」です。

9日目、成長著しい関脇・玉鷲との対戦が、後半戦の最初の山ですね。

 

横綱・白鵬〜8勝

 

日馬富士同様に、一番一番、どんどん強くなってきている感じです。

日馬富士の調子が良ければ、横綱同士の直接対決で雌雄を決することになるかもしれません。

ブログ管理人は、個人的には白鵬の38回目の幕内優勝を強く期待しています♪

 

関脇・高安〜7勝1敗

 

まずは、一日でも早く10勝に乗せ、それから星2つくらいを重ねて欲しいです。

で、さらに言えば、優勝・白鵬に次いでの次点となって欲しいですね。

つまり、14勝1敗。

千秋楽、優勝決定戦で白鵬と対戦し、白鵬の勝ち...こんな展開です。

でも、これだと本割では高安が勝つってことですね。

先場所の稀勢の里のことがあるから、本割と決定戦の両方で勝って、高安優勝というのも「あり」かもです♪

 

高安に対する一番の期待は、誰にも有無を言わせない形で大関昇進を果たしてもらうことです♪

 

横綱・稀勢の里〜6勝2敗

 

7日目、中日と長い相撲でした。

長い相撲でも、左をちゃんと使って勝てました。

周りが心配する以上に、左はどんどん良くなっているのかもしれません。

でも、ファンは安心しません。

怪我を悪化させずに、ギリ2桁でもいいから無事終えて欲しいです。

それから出来るなら、高安のために2横綱は破って欲しいですね。

あっ、そうしたら優勝しちゃう「かも」!?

_/_/

いえいえ、とにかく無事、15日間を終えてください。

 

大関・照ノ富士〜6勝2敗

 

照ノ富士も日毎、調子を上げてきた感があります。

日馬富士との対戦がないことは有利ですね。

2敗をキープできれば、念願の大関での優勝も夢ではない「かも」。

 

関脇・玉鷲〜6勝2敗

 

ホント、最近、めきめき強くなってきました。

5月場所優勝争いの台風の目になって欲しいですね。

ひっかきまわして、場所を面白くしてもらいたいです。

まずは9日目の日馬富士戦ですね♪

 

まとめ

 

中日終わって、三役以上で2敗までを優勝争い圏内とすると、休場の鶴竜を除く3横綱が優勝争いをしているわけで、5月場所後半戦は、ますます面白くなりそうです。

 

_/_/

 

日馬富士、白鵬、高安それぞれが、それぞれの事情と思いで優勝を強く望んでいることでしょう。

 

照ノ富士も先場所のリベンジも兼ねて、まだまだ優勝は諦めていないハズです。

 

稀勢の里は...お願いですから、頑張りすぎないでください(^_^;)

※アイキャッチ画像の出典:チケット大相撲