未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【予想】大相撲9日目、優勝争い6関取〜日馬富士、白鵬、高安ら〜の勝手予想♪



<スポンサーリンク>



 

大相撲、いよいよ後半戦の9日目です。

先の記事で優勝争いは6関取に絞られたと書きました。

日馬富士、白鵬、高安、稀勢の里、照ノ富士、玉鷲です。

で、この6関取の9日目結果を勝手に予想します♪

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

優勝争い6関取をもう一度...

 

中日が終わって、次の6関取を優勝争い圏内と勝手に決めちゃいました。

2敗は、平幕にまだいるのですが、3役以上の関取が好調なので優勝争いからは除外させてもらいました。

 

優勝争い6関取について。

 

  • 8勝、横綱・日馬富士
  • 8勝、横綱・白鵬
  • 7勝1敗、関脇・高安
  • 6勝2敗、横綱・稀勢の里
  • 6勝2敗、大関・照ノ富士
  • 6勝2敗、関脇・玉鷲 

 

この6関取を注目すべき相撲だとすると、9日目は日馬富士と玉鷲が直接対決しますので、9日目の注目取組は5番です。

 

9日目の注目の5番、勝手予想♪

 

関脇・高安 対 前頭筆頭・千代の国

 

過去2戦して、高安の2勝です。

今場所、前頭筆頭で上位陣との対戦ばかりなので中日で2勝6敗です。

なかなか勝てないけど動きはいい千代の国。

しかし、好調・高安には刃が立たないでしょう。

あっという間に負けてしまうのでは、つまり、高安の勝ちと予想します。

 

ただし、千代の国が足を使って引っかき回せば、勝機はあるかも...です。

 

大関・照ノ富士 対 大関・豪栄道

 

過去14戦して、照ノ富士の4勝10敗です。

照ノ富士にとって合口が悪いのでしょうか。

でも、今場所は中日までで、照ノ富士が6勝、一方、豪栄道は5勝です。

ここ数番の取組内容は断然、照ノ富士がいいです。

なので、この勢いからすると、照ノ富士は豪栄道に圧勝するのではと予想します。

 

豪栄道に勝機があるとすれば、これまでの対戦の合口の良さを信じて、この1戦に集中し、そして、引きや首投げを封印することです。

無理だろうなぁ...。

 

横綱・稀勢の里 対 前頭4・栃煌山

 

過去39戦して、稀勢の里の25勝14敗。

ここ1年は稀勢の里が5勝1敗と圧倒していますが、今場所の栃煌山は調子を戻しつつあるような感じですから、稀勢の里にとって侮れる相手ではありません。

 

予想としては、番付どおり稀勢の里です。

稀勢の里が立ち会い、栃煌山のつっこみをしっかり受けて左を指せれば、稀勢の里の圧勝。

 

しかし、栃煌山が右下手をとって、あるいは、両差しなどで、稀勢の里に左を指させなければ、栃煌山にも勝機あり...かも。

 

横綱・白鵬 対 前頭3・碧山

 

過去18戦して、白鵬の17勝1敗。

この1敗は休場にともなう不戦敗です。

なので、実質、碧山は白鵬に一度も勝っていないわけです。

 

この日の対戦も、白鵬圧勝でしょう。

 

横綱・日馬富士 対 関脇・玉鷲

 

過去9戦して、日馬富士が5勝4敗です。

ただし、直近4戦では1勝3敗と日馬富士が負け越しています。

 

それでも、今場所の日馬富士の立ち合いは抜群です。

ほぼ、問題なく日馬富士が勝つと予想します。

 

玉鷲に勝機があるとすれば、6日目、玉鷲が高安を破ったあの立ち会いができれば、少しはいけるかもしれません。

 

まとめ

 

9日目、優勝争いをしている6関取の取組5番を勝手に予想した結果。

残念ながら、玉鷲が優勝争いから脱落です。

それ以外の5関取は、中日から1つずつ白星を重ねます。

 

  • 横綱・日馬富士〜9勝
  • 横綱・白鵬〜9勝
  • 関脇・高安〜8勝1敗
  • 横綱・稀勢の里〜7勝2敗
  • 大関・照ノ富士〜7勝2敗

 

この調子で、ここに書いた5関取が星を落とさず中盤を乗り切ったら、ホント、面白い終盤になるでしょうね♪

※アイキャッチ画像の出典:チケット大相撲