未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【ヤジ将軍&暴言王】自民党・大西英男議員〜がん患者は働かなくていい〜国会議員として存在できる謎!?



<スポンサーリンク>



 

暴言王、自民党・大西英男衆議院議員がまたしてもやっちゃいました。

自民党内の会合において「がん患者は働かなくてもいい」と発言したのです。

これは三原じゅん子参議院議員の発言中に投げかけられたヤジでした。

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

大西議員暴言の経緯...

 

その発言は5/15自民党内の会合で起きました。

受動喫煙対策について話し合う会合です。

がん患者への配慮を求めた意見に対して、大西英男議員が「がん患者は働かなくていい」と発言したのです。

当然、がん患者団体がスルーするわけもなく、大いに反発しています。

さらに、自民党のことはなんでも反対な某野党たちがこれに乗っかります。

 

経緯詳細は...

 

受動喫煙対策会合で三原じゅん子参議院議員が、がん患者の職場環境などについて訴えていました。

  • (三原発言)がん患者が治療している中で、その仕事場が喫煙されている所で働くことの苦しさというのはどういうものか...
  • (三原発言にかぶさるような大西ヤジ)(がん患者は)働かなきゃいいじゃないか! 働かなきゃいいじゃないか!
  • (三原発言)働かなければいいという、そんな話がありますか。がん患者はそういう権利がないんですか。

 

三原じゅん子議員は、自らが、がん闘病の経験もあり、がん患者の社会復帰の大変さを身をもって経験されている方です。

  • がん患者は働かなくていい

この暴言は、三原議員の発言のさなかに起こった大西議員のヤジだったのです。

 

三原議員は、この暴言に対し、がん患者に謝罪してもらいたいとブログで表明されていましたが...。

 

_/_/

 

ところで、三原議員の発言と、それに対する大西議員のヤジの模様はニュースでしっかり音声で流れていました。

つまり、その会合で録音されたものがマスコミにリークされているということです。

これも、怖いことですね〜。

 

大西議員、失言撤回せず!?

 

今回の暴言に対し、大西議員は発言を否定しています。

大西議員のホームページから。

  • 私がご指摘のような趣旨で「(がん患者は)働かなければいい」と発言をしたことは絶対にありません。

 

そして、5/22の記者会見で、発言。

  • 願わくばそういう方(がん患者)にはもっと健康な受動喫煙のないところで働いていただいたほうがとの方のためになります。
  • (発言撤回について聞かれ)ありません。
  • (失言であったという自覚はと聞かれ)あります、それはあります。そうした方々(がん患者)に私の発言が気持ちを深く傷つけたのではないかと深くおわびを申し上げる次第です。

 

う〜ん、この方、会見の短時間で言うことガ支離滅裂です。

この方ご自身が、すでに壊れちゃっているのかも...と感じました。

 

懲りない暴言王・大西議員の発言録

 

大西議員の暴言録です。

 

子供を産まないとダメ...

 

2014年、衆議院総務委員会で発言していた上西小百合議員の発言中のヤジで

  • 子供産まないとだめだぞ

と発言。

上西議員は「頑張ります」と言って、発言を続けました。

大西議員は、当初、その発言を「記憶ない」と否定していましたが、その後、謝罪しました。

 

マスコミをこらしめるには...

 

2015年、自民党勉強会で大西議員が発言。

  • マスコミをこらしめるには広告料収入がなくなるのが一番。

その後、報道機関に圧力をかけるつもりはなかったと釈明。

しかし、その釈明会見でまたまた暴言!?

  • こらしめようという気はあるんですよ、一部マスコミですよ。

 

巫女さんのくせに...

 

2016年には、自民党の会合で発言。

これは補欠選挙応援にいったときの模様を会合で話したのです。

  • 生き生きした人が(自民党候補で)立候補するんだから頼むよと言ったら、(巫女さんが)『自民党はあんまり好きじゃない』と(言われ)巫女さんのくせになんだと思った。

その後、謝罪。

これについては、安倍総理も国会で残念な発言であったと言及しています。

 

まとめ

 

自民党にはなんでも反対な野党は、もちろん大西議員を批判しているわけですが、身内の自民党内からも、大西議員の言動は呆れられています。

  •  どれだけ党に迷惑をかけていると思っているんだ、つけるクスリがない。

 

がん患者でつくる団体は、今回の大西議員暴言について、こう表明しています。

  • (大西議員の暴言は)は働くことを希望する患者の生活や希望を否定するものとなりかねない。

 

しごく最もな発言です。

 

今回、大西議員のような暴言王が国会議員として存在できる謎の解明はしませんでしたが、そういう謎があるということだけは、はっきりと認識できました。

 

大西議員のような方がいる謎について、大西議員は氷山の一角なのかもしれません。

※アイキャッチ画像の出典:政治家発言データベース