未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【ロカボ市場拡大】低糖質=ロカボのダイエット対応市場が、いま熱い!?



<スポンサーリンク>



 

このところ、低糖質ダイエット=ローカーボのダイエットに注目が集まっており、それに対応した市場がいま熱いのです!

そのロカボ市場は、なんと3400億円にもなるとか。

コンビニなどがこの市場拡大に寄与していますが...

ロカボダイエットは、便利なだけに誤解もある...かも。

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

注目のロカボ市場は..

 

ロカボ=低糖質対応の食べ物や料理の提供市場がいま、熱いのです。

 

ロカボ専用レストランなどでは、フツー(?)のチャーハンや唐揚げが食べられます。

これらには謎が...。

実は、チャーハンはお米でなく、小さく切ったこんにゃくで出来てます。

また、唐揚げには片栗粉(炭水化物のかたまり!)の替わりになるものを使用することで唐揚げに含む糖質はわずか2gなんだとか。

 

また、うどんチェーンでは糖質60%カットのロカボうどんを販売。

これはうどんに含まれる小麦を減らして、その代替を加える。

このうどんチェーンでは、ロカボうどんは追加料金180円必要にも関わらず、どんどん浸透しているんだとか。

 

大手コンビニでは、あのRIZAPと提携した低糖質スイーツを開発。

この一連の商品、発売当初、半月で300万個売れたんだとか。

ポイントは、単に低糖質を実現しただけでなく、味にこだわったということなんだそうです。

 

他に、牛丼屋でもロカボ食...などなど。

 

今や、ロカボ食は、多くの方に支持され、なんと市場規模3400億円まで成長したと試算されています。

 

_/_/

ロカボについては、こちらの記事もどうぞ。

  

ロカボの注意点

 

ロカボというと、簡単に挑戦できるダイエットで、しかも、カロリーをあまり気にすることがないということで、いま人気なんですね。

 

でも、注意しなければならないこともあります。

 

低糖質や糖質制限というと、とにかく糖質を制限すればいいと思いがち。

つまり、炭水化物=悪モノというイメージです。

これがそもそも間違いです。

炭水化物不足の結果、倒れてしまうなどの事例も散見されます。

 

そもそも炭水化物は必要な栄養素のひとつなんです。

炭水化物が不足すると、エネルギー〜生きるパワー〜が出ないし、頭の回転にも支障が出ます。

また、炭水化物に含まれる食物繊維が不足することで、便秘になったりということがあります。

 

低糖質や糖質制限は、そもそも必要な栄養素を取っていないという自覚とともに、その不足をどうやって補うのかという視点も大切ですね。

 

それ以前にどーして低糖質や糖質制限がダイエットにつながるのかというロジックも理解しておいたほうがよさそうです。

 

今回、それらについては詳しく言及しませんが、

  • 低糖質や糖質制限でダイエットをするときには、いろいろな注意が必要

とだけは、頭に入れておきましょう!

 

血糖値の安定なども、理解すべきひとつです。

 

まとめ 

 

食べ物だけでダイエットする...ということ自体にそもそも問題があるのかもしれません。

だから、食事療法と運動療法の2つでやるべきなんでしょうね。

 

それにしても、ロカボ市場の拡大ということは、人々がますます健康に留意するようになったということでもありますから、傾向としてはいいことだと思っています。

 

この市場の拡大について、しっかり注目していきたいと思っています。

※アイキャッチ画像の出典:サンキュ!