未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【予想】5月場所11日目〜優勝争い予想(+稀勢の里&高安)決定版!?



<スポンサーリンク>



 

大相撲5月場所、終盤戦11日目の注目取組の勝手予想です。

合わせて、注目5関取の終盤戦全部を勝手に予想します♪ 

予想の結果については、責任もちませんけど...(^_^;)

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

11日目、注目の5番...

 

11日目については、次の5番に注目しています。

理由は、以下の最初の4番は、今場所の優勝争いに絡んでいるからです。

そして、ラスト5番目は、稀勢の里の勝ち越しが気になるからです。

5/24追記:11日目から稀勢の里は休場です。

 

関脇・高安 対 前頭4・栃煌山

 

10日目まで、高安は8勝2敗、栃煌山は5勝5敗です。

過去の対戦は、高安の23戦5勝18敗と、圧倒的に高安の分が悪いです。

ただし、直近の5番だけに限ると3勝2敗で高安が若干勝っています。

ここ数場所で圧倒的に強くなった高安と、ここんとこずっと不調だった栃煌山ですから、まともに闘えば、きっと高安の勝ちです。

10日目の対日馬富士戦の栃煌山の負けぷりからすると、どこか痛めているのかもしれません。

 

勝手予想は...高安の勝ちです。

高安、勝って9勝2敗。

優勝争いに残ります。

 

大関・照ノ富士 対 前頭3・碧山

 

10日目まで、照ノ富士は8勝2敗、碧山は2勝8敗です。

過去の対戦は、照ノ富士の12戦11勝1敗です。

照ノ富士が圧倒しています。

今場所の照ノ富士の好調と、碧山の不調を考慮すると、一方的な取組内容になるでしょう。

 

勝手予想は...照ノ富士の勝ちです。

照ノ富士、勝って9勝2敗。

高安とともに、優勝争いに残ります。

 

横綱・白鵬 対 大関・豪栄道

 

10日目まで、白鵬は10戦全勝、豪栄道は6勝4敗です。

過去の対戦は、白鵬の39戦33勝6敗です。

白鵬が圧倒です。

今場所の白鵬と豪栄道の調子を考慮すると、やっぱり白鵬が圧倒ですね。

ただ1つの不安定要因は、カド番の豪栄道に、あと2番でカド番を脱出する豪栄道にどんだけ「カド番を抜けたい!」という強い意志が出るか...です。

それが出れば、豪栄道には白鵬を圧倒する力は、まだ残っているハズです。

そういうこともありえるのですが...。

 

勝手予想は...白鵬の勝ちです。

白鵬、勝って11戦全勝。

追尾陣〜高安と照ノ富士のこと〜との2差をキープです。

 

横綱・日馬富士 対 小結・御嶽海

 

10日目まで、日馬富士は10戦全勝、御嶽海は4勝6敗です。

過去の対戦は、日馬富士の4戦3勝1敗です。

今場所の日馬富士と御嶽海の調子を考慮すると、日馬富士で決まりですね。

日馬富士があの低い強い立ち会いをやれば、御嶽海は吹っ飛ぶでしょう。

 

勝手予想は...日馬富士の勝ちです。

日馬富士、勝って11戦全勝。

白鵬と同じく、追尾陣との2差をキープです。

 

横綱・稀勢の里 対 関脇・玉鷲

 

10日目まで、稀勢の里は6勝4敗、玉鷲は7勝3敗です。

過去の対戦は、稀勢の里の9戦9勝です、圧倒ですね。

ただし、稀勢の里の左が使えないという状況を考慮すると、玉鷲に大いに勝機ありです。

しかも、稀勢の里の攻略法が、立ち会いからの一気の押しということが、ここ2番でバレバレになってしまいました。

でも...。

 

勝手予想は...稀勢の里の勝ちです。

稀勢の里、負けて7勝5敗です。

流石に3番続けて同じ負け方はしませんから!

5/24追記:11日目から稀勢の里休場です。

 

 

優勝争い4関取の終盤戦まとめ+α(予想)

 

なお、日と対戦相手はあくまでも予想です。

( )内は予想です。

そして、最終勝敗も、とーぜん予想です。

 

日馬富士は...

 

千秋楽を終えて、15戦全勝で優勝です。

  • 11日目、小 結・御嶽海(日馬富士の勝、以下同じ)
  • 12日目、前頭5・貴ノ岩(勝)
  • 13日目、関 脇・高安(勝)
  • 14日目、大 関・豪栄道(勝)
  • 千秋楽 、横 綱・白鵬(勝)

 

白鵬は...

 

千秋楽を終えて、13勝2敗で優勝次点です。

  • 11日目、大 関・豪栄道(勝)
  • 12日目、前頭4・栃煌山(勝)
  • 13日目、関 脇・玉鷲(勝)
  • 14日目、大 関・照ノ富士(負)
  • 千秋楽 、横 綱・日馬富士(負)

 

照ノ富士は...

 

千秋楽を終えて、12勝3敗です。

横綱昇進は、ココロ新に、再挑戦ですね。

  • 11日目、前頭3・碧山(勝)
  • 12日目、前頭5・正代(勝)
  • 13日目、前頭4・栃煌山(勝)
  • 14日目、横 綱・白鵬(勝)
  • 千秋楽 、関 脇・高安(負)

 

高安は...

 

千秋楽を終えて、12勝3敗です。

場所終了後に大関昇進決定!

  • 11日目、前頭4・栃煌山(勝)
  • 12日目、前頭4・宝富士(勝)
  • 13日目、横 綱・日馬富士(負)
  • 14日目、前頭3・碧山(勝)
  • 千秋楽 、大 関・照ノ富士(勝)

 

番外〜稀勢の里は...

 

千秋楽を終えて、8勝7敗でギリの勝ち越し!?

12日目で勝ち越しして、残り3連敗というパターンです。

  • 11日目、関 脇・玉鷲(勝)
  • 12日目、大 関・豪栄道(勝)
  • 13日目、横 綱・白鵬(負)
  • 14日目、横 綱・日馬富士(負)
  • 千秋楽 、大 関・照ノ富士(負)

5/24追記:11日目から稀勢の里休場です。 

 

まとめ

 

こうやって終盤戦を勝手に予想してみると、照ノ富士と高安の優勝の芽は...「ない」ですね。

優勝は、千秋楽で日馬富士と白鵬の直接対決〜つまり14戦全勝同士の決戦〜というケースも予想していますが...。

つまり、肝は、白鵬対照ノ富士戦ですね。

ここで白鵬が勝てば、千秋楽の全勝同士対決です。

もし、負けてしまうと、上述の予想通りですね、きっと。

_/_/

以上、勝手に予想...でした。

反対意見などは...受け付けませんから(^_^;)

 

追記(5/24、16時)

 

11日目、稀勢の里休場決定に伴い、上述の対戦相手(予想)の変更をしました。

※アイキャッチ画像の出典:チケット大相撲