未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『警視庁・捜査一課長』第4話〜またしても「大福」が事件を解決に導く!?



<スポンサーリンク>


 

テレビ朝日系列の手堅い刑事ドラマ『警視庁・捜査一課長』シーズン2の第4話です。

今回も(?)、「大福」こと平井真琴刑事(斉藤由貴)が大活躍です。

警察という組織のメンバーらしからぬキャラが素敵です♪

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

キャスト紹介〜斉藤由貴さん

 

1記事につき、キャストひとりを紹介しています。

今回は、現場資料班主任の「大福」こと平井真琴を演じている斉藤由貴さんです。

 

斉藤由貴さんは、神奈川県出身で、1966年9月生まれの50歳です。

1984年に第1回東宝シンデレラオーディションの最終選考に残り、芸能界入りします。

翌85年2月には、『卒業』で歌手デビューし、35万枚のヒットとなります。

また同年4月の初主演ドラマ『スケバン刑事』、同年12月には初主演の『雪の断章 -情熱-』が公開されます。

さらに86年4月からはNHK連続テレビ小説『はね駒』のヒロインに抜擢。

同年3月発売の『悲しみよこんにちは』の大ヒットで、年末の紅白歌合戦に初出場。

しかも、紅組キャプテンも務めます。

デビューから順風満帆な斉藤由貴さん、スゴイですね〜。

 

1990年代以降は、主に女優として、映画・テレビ・舞台で活躍。

 

私生活では1994年に一般男性と結婚、現在3人のお母さんです。

 

_/_/

 

斉藤由貴さん、最初のドラマ主演が『スケバン刑事』という少し毛色の変わった刑事モノだったので、その後は、圧倒的に刑事ドラマの出演が多いです。

 

初主演が関係しているのか、いないのか、定かではありませんが(^_^;)

 

 

_/_/

 

あらすじに行く前に... 

『警視庁・捜査一課長』については、こちらの記事もどうぞ♪

 

第4話のあらすじ

  

都内から少し離れた都下の牧場で、いかにもホステスという若い女性の死体が発見されます。

 

捜査一課は早速、臨場するのですが、「大福」(平井真琴刑事〜斉藤由貴)だけが、場違いなベーカリーのワゴン車に気づきます。

「大福」が運転手(小沢真珠)に声をかけると、あわててワゴン車は走り去ります。

 

調査の結果、被害者はやはりホステスであり、事件の最寄り駅付近の防犯カメラには、このホステスがキャリーバックを引きながら牧場方向に歩いて行く姿が映っていました。

 

一方、「大福」は相変わらず自分の感を頼りに動いています。

なんと「新宿2丁目」と車に書かれている、あのワゴン車を見つけ出してしまうのです。

それも新宿(しんじゅく)ではないところで。

 

そして、それが解決への糸口になったのです...。

 

まとめ

 

お偉いさんたちの言うことは聞きませんけど、毎回、それなりに活躍、つまり、事件解決の糸口を掴むのは、「大福」こと、平井真琴(斉藤由貴)です。

 

面白いキャラクターですよね。

 

組織には、いろんな人がいて、組織全体として力を発揮できるというメタファーみたいに感じています♪ 

※アイキャッチ画像の出典:テレビ朝日