未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

加計学園場外乱闘、前川・前事務次官の出会い系バー通いリーク、その2



<スポンサードリンク>

 

加計学園問題の場外乱闘、前川喜平・前文科事務次官の出会い系バー通いがリークされました。

読売新聞の掲載に続き、『週刊新潮』も実地調査含みで報道しています。

『週刊新潮』は前川氏を斬った刀を返して、官邸をもバサッと切り捨てています。

う〜ん、加計学園問題、根が深そう...。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

  

第2の森友学園〜加計学園問題...

 

森友学園問題は、すっかり世間の話題から消えちゃった感がありますが、第2の森友学園問題こと、加計学園問題が勃発しちゃったので、民進党は元気です。

 

「総理のご意向、最高レベル」と記した文書を盾に、官邸をガンガン攻めよう...としているのですが。

 

文科省の前事務次官、前川喜平氏を民進党のほうへたぐり寄せたのは、なかなかです。

 

でも、場外乱闘が起きました。

 

その前川喜平氏に風俗通い〜出会い系バーの出入り〜が発覚。

読売新聞に書かれるわ、週刊新潮に追従されるわ、散々です(>_<)

 

前川氏が通ったお店は...

 

ところで、前川氏は、出会い系バーに通っていたことは認めています。

そして、通っていた理由は、自ら実地調査をして、文科省としての行政の課題を得るためだというのです。

なるほど、トップ自らが実地調査をしたのですから、相当な課題が見つかったことでしょう。

今後の課題改善に注目ですね♪

 

ところで、前川氏が通ったお店の情報がありました。

 

『週刊新潮』2017年6月1月号によると...

 

そこは新宿歌舞伎町の中心部あたりに立つ雑居ビルです。

入り口で入場料6千円を払ってから、薄暗い店内に足を踏み入れると、中央のバーカウンターをハサミ、男女が分かれている。

男性は女性を見定めて、気に入ったら「あの子を」と店員に声をかけ、その女性を隣の席に連れてきてもらう。

 

一応、出会いの場を提供するという体(てい)なので、そのあとの交渉は当人同士がやるのです。

 

店外で一緒に食事をするのは5千円、さらにホテルに誘うには2〜3万円が相場なんだそうです。

 

で、『週刊新潮』の記者がまさに「実地調査」。

前川氏の写真を見せたところ、「何度も見たことがある!」とのこと。

 

他の女性も「知ってる、知ってる、冬くらいまで、よく来てた。女の子を買ってたかって? そりゃ、ここに来るのは女の子とホテルに行くのが目的でしょ。話をするだけなんてあり得ない。」とのこと。

 

すると、前川氏の実地調査はホテルまで行ったのでしょうか。

 

前川氏の来店頻度については、

  • 週3、4回くらい。
  • 1年ちょっと前から来るようになって、そのあとは連続してた。
  • 私もこの人とやったかもしれないんだけど、覚えていないんだよね。
  • ここに来る女の子はみんなサバサバしているからさ、寝た男のことなんて、すぐに忘れるよ。

おひおひ、スゴイ発言です。

 

前川氏の情報提供に対する報復!?

 

『週刊新潮』によると、前川氏は、「総理のご意向文書」のことを、NHKや朝日新聞に情報提供した模様です。

 

それに対し、官邸側から報復的なリークが起きた。

それが前川氏の出会い系バー通い問題。

まっ、それが事実なだけに、前川氏側も痛いわけです。

 

それでも、朝日新聞は、前川氏からの情報を入手してから官邸側から前川氏のリークをするのでいま掲載すると朝日新聞が恥をかくと言われたとか言われなかったとか(どっちだ!?)。

 

妙な力が動いているんですね。

 

まとめ

 

ここ最近のドラマは、相当上の人たちが理不尽な行動をして、結果、それが改善されないという、なんともフラストレーションがたまる展開のものが多いです。

 

それの実地版、現実版が前川氏絡みのことなのでしょうか。

 

ドラマよりも、そのあとが気になってしまいます...。

※アイキャッチ画像の出典:産経ニュース