未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【白鵬親方問題】久々の全勝優勝、希代の名横綱に「名親方」も期待します!



<スポンサードリンク>

 

大相撲5月場所は、横綱・白鵬の38回目の幕内優勝(全勝)で終わりました。

横綱在位数と幕内勝利数で白鵬が1位になることは間違いありません。

白鵬は希代の名横綱なのです。

白鵬の名親方ぶりもぜひ見たいと日本中が思っているのではないでしょうか...。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

今の大相撲興隆は白鵬の功績です!

 

横綱・朝青龍引退のあと、しっかり大相撲界を支えてくれたのは白鵬です。

 

八百長問題で大相撲界が大揺れに揺れたときにも、白鵬が支えてくれました。

しかも、白鵬は単に長く在位をして大相撲界を支えただけでなく、しっかり、歴史に残る戦績を残してきたのです。

 

しかし、際だっての強さを持つが故にか、ちょっとしたことでバッシングを受ける対象にもなっています。

 

白鵬の功績に日本相撲協会はどう讃えるのか!?

 

白鵬は引退後は、親方として後進を育てることを望んでいます。

具体的に、すでに内弟子がいます。

石浦たちです。

 

しかし...

日本相撲協会は、日本国籍を持っていない者が親方になることを認めていません。

種々の事情から、白鵬は日本国籍を取らない模様です。

でも、親方として強い力士を育てたいという強い希望がある。

 

貴乃花のように、強く、かつ、大相撲界に貢献してきた大横綱には、横綱のときの四股名のままに親方になれるという「ご褒美」があります。

 

北の湖・前理事長もそうですね。

 

大相撲の戦績で言えば、白鵬はいまだかつてないほどの戦績をあげているわけで、十分に「一代年寄り(親方)」になれる資格はあると思うのです。

 

だけど、日本相撲協会は認めていない。

 

なんとかして欲しいものです...。

 

まとめ

 

いずれ訪れる白鵬の引退。

日本相撲協会は、是非、これまでの白鵬の功績を讃えて、「一代年寄り」 を認めて欲しいものです。

 

白鵬が育てる横綱を見てみたいものです♪

※アイキャッチ画像の出典:Yahoo!ニュース