未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【佐藤琢磨インディ500制覇】米記者が解雇されちゃったって何故!?



<スポンサーリンク>


 

佐藤琢磨(以下、敬称略)がインディカー・シリーズ第6戦「インディアナポリス500」で優勝しました。

優勝賞金はなんと2億7280万円!

めでたいことなのに、なんと佐藤琢磨の優勝で米記者が解雇されちゃいました(>_<)

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

インディ500とは...

 

アメリカインディアナ州インディアナポリス市近郊で毎年5月に開催されるモータースポーツイベントです。

 

初開催は1911年。

開催は毎年5月最終月曜日(=メモリアルデー〜戦没将兵追悼記念日)〜の前週月曜日から日曜日までに行われます。

1週2.5マイルを200週、走行距離500マイルで争います。

F1モナコGP、ル・マン24時間レース、インディ500が世界3大レースと言われています。

 

競う速度が速く、また接戦も多いことから、毎年事故が多発し、しばしば死亡事故も起きています。

 

2017年の大会は、101回大会で、初めて日本人ドライバー・佐藤琢磨が優勝しました♪

 

佐藤琢磨とは...

 

佐藤琢磨は、1977年1月生まれの40歳です。

アメリカコロラド州デンバー在住。

 

佐藤琢磨は、早稲田大学生のとき、鈴鹿サーキット・レーシング・スクール・フォーミュラ設立に出会い、大学を休学して、競争率10倍の難関を突破し入学。

1997年には首席で卒業します(大学は中退)。

そして、F3参戦などを経て、2002年から2008年までF1に参戦。

2008年には所属チームのF1撤退によりシート喪失。

そんな経緯もあって、2010年からはインディカー・シリーズに参戦しています。

2013年4月には、インディカー・シリーズで日本人初優勝を果たします。

 

そして、2017年5月、なんと日本人初のインディ500初優勝を達成しました♪

 

佐藤琢磨の優勝を米記者がディスる!?

 

アメリカ・デンバー・ポストの記者だったテリー・フレイ氏はメモリアルデー(戦没者追悼記念日)の週末なのに、インディ500で日本人の佐藤が優勝したことをディスる内容をツイートしたのです。

こんな内容です。

 

  • 特に個人的な関係はないが、メモリアルデーの週末に日本人ドライバーがインディアナポリス500を制したことにとても不快感を覚える。

 

これに対して、かなりまともな反応があったのです。

つまり...

 

テリー・フレイ氏の解雇を求める声や批判が殺到。

問題のテリー・フレイ氏のツイートは削除されます。

 

のちに、テリー・フレイ氏は謝罪。

 

  • 佐藤琢磨に謝罪する。
  • メモリアルデーの週末に感情的になり、第2次世界大戦で戦った相手国の一つに対してバカげた発言をしてしまった。
  • 改めておわびを申し上げたい。
  • このような話に建設的な目的は何も見いだせず、もっと分別をわきまえるべきであり、自分自身に腹が立っている。

 

これに対し、デンバー・ポストはテリー・フレイ氏の解雇を発表します。

 

  • 当社の記者の1人が書いた無礼で容認できないツイートについて謝罪します。
  • テリー・フレイはもはやデンバー・ポストの従業員ではなく、問題のツイートも当社の信条や立場を代弁するものではありません。
  • わらわれの心からの謝罪を受け入れていただけることを望んでいます。

 

う〜ん、フレイ氏の発言は不適切でしたが、デンバー・ポスト紙の処分は、かなり厳しいですね。

 

フレイ氏のディスり程度なら、大統領もやっている国じゃん...と思ってしまいましたが...。

 

まとめ

 

それにしても、歴史のあるインディ500に日本人ドライバー・佐藤琢磨が優勝したことは、快挙です。

 

快挙に解雇が起きたことは残念ですが、やりすぎだけど、ちょっとはまともな国なのかとアメリカを見直しました。 

※アイキャッチ画像の出典:ハフィントンポスト