未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【チョーレイ!13歳中学生・張本智和】水谷隼(世界ランク6位)を世界選手権で撃破!



<スポンサーリンク>


 

中学生13歳・張本智和が、世界ランク6位でオリンピックメダリスト・水谷隼を世界選手権の大舞台で4−1撃破です。

劇的な世代交代が起こるスポーツは層が厚く盤石な証拠ですね。

東京オリンピックに向けて楽しみな逸材がまた登場しました♪

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

中学生13歳・張本智和とは...

 

最初にお断りです。

以下、選手名は敬称略で書かせていただきますね。

 

張本智和(はりもとともかず)は、両親が中国出身の卓球選手です。

お父さま〜張本宇〜は男子ジュニア日本代表コーチ。

お母さま〜張凌〜は世界卓球選手権の元代表選手です。

こういうご両親のもと、2歳から卓球をはじめたそうです♪

 

出身は宮城県仙台市で、現在は東京都北区在住。

 

張本智和は、2010年、小学1年生で全国卓球選手権大会・バンビの部に優勝。

そして、無敗の6連覇を達成します。 

2014年には帰化し、張本姓となり国籍は日本人です。

さらに2015年には史上最年少・小学6年生で世界ジュニア選手権の代表選手となります。

しかし、パリ同時多発テロがあり派遣中止で出場果たせず(>_<)

そんなことにはめげずに、2016年の世界ジュニア選手権では、個人、団体で2冠を達成します。

 

そんなこんながあって...。

張本智和は、現在ドイツで行われている世界卓球選手権に推薦枠として、史上最年少の13歳6ヶ月で代表入りしたのです。

 

ところで、怪物・張本智和が尊敬する選手は水谷隼(みずたにじゅん)です。

言わずと知れたオリンピックメダリストで、現在世界ランク6位です。

そして、張本智和は、過去、水谷隼と10分間の打ち合いをして、5〜6点しか取れなかったことがとても悔しかったんだとか。

どんなに尊敬している人物であっても、そして圧倒的に格上の選手ではあっても「負けたことが悔しい」、そう思える根性が素敵です♪

 

だからこそ、世界の大舞台・世界選手権で水谷隼を撃破できたのです。

決して番狂わせではなく、実力なんですね。

 

_/_/

 

張本智和は、先月の30日に、水谷隼と同じ木下グループと契約したことを発表しました。

スゴイですね、中学生13歳で、すでにスポンサーがついているのですから...。

 

張本智和、世界選手権で水谷隼を撃破!

 

世界ランク69位・張本智和(13)は、同6位・水谷隼(27)を世界卓球選手権という大舞台で撃破しました。

しかも、4−1という横綱相撲!?

「土俵際の逆転で金星」などというレベルじゃないんです。

堂々と力で格上&年齢ダブルスコアの水谷隼をねじ伏せたんです。

 

国際卓球連盟は張本智和の勝利を

  • 13歳が衝撃的な番狂わせを演じた

 

と報じていますが、けっして番狂わせでもなく、13歳の怪物が順調に育っていることを示しただけなんですね。

 

_/_/

 

試合はドイツで行われている世界卓球選手権の男子シングルス2回戦です。

水谷隼(木下グループ) 対 張本智和(木下グループ)。

 

張本智和は第1セットとから3セット連取します。

水谷隼にすれば自分の年齢の半分以下の13歳で、世界ランクも大きく格下な張本に第1、第2、第3と獲られてしまったことは、少なからずショックだったのではないでしょうか。

第4セットはリオのメダリストとしての意地を見せます。

しかし、第5セット、水谷隼のショットがアウトとなり、張本智和が勝利!

 

張本智和はラケットを置いて、渾身でガッツポーズを2回します。

水谷隼と握手を交わし、肩を叩いて健闘を祝福されると、張本智和は両手でバンザイ。

中学生らしさが垣間見られました♪

 

東京オリンピックが楽しみな卓球界

 

卓球と言えば、やはり中学生で注目を浴びた選手たち〜現在は高校生ですけど〜が大活躍ですね。

平野美宇、伊藤美誠たちです。

おひおひ、女性選手層が厚いのは分かったけど、男性は大丈夫!?

水谷隼選手はそこそこの年齢だし...なんて思っていたら、少しも心配しなくていいということが分かって一安心です。

 

これからますます卓球人気になりそうな気配です♪

 

_/_/

卓球に関する記事としては、こちらもどうぞ♪

 

チョーレイ!とは!?

 

張本の口癖(?)、ポイントを取ったときの雄叫びが「チョーレイ!」。

もともと中国人なので、深い意味があると思っていたら...。

 

ご両親や本人によると、特段、意味がないおんだそうです。

愛ちゃんの「サー」などと同じで、自然と出てきたかけ声なんだそうです。

 

でも、この「チョーレイ!」なんだか流行りそうです♪

 

まとめ

 

選手層が厚く、世代交代が常に行われているスポーツ界が興隆することは間違いないです。

 

卓球というと、少しマイナーなスポーツと思われがちですが、世界選手権でこれだけ盛り上がり、そしてニュースになるのですから、3年後の東京オリンピックのときには、どれだけメジャーなスポーツになるのか...楽しみです。

 

どんな世界も世代交代、世代交代です。

 

そして、現在、ドイツで行われている世界卓球選手権では、日本の若き選手たちが大活躍しています。

リアルに毎日、戦況を確認するのが楽しみですね♪

※アイキャッチ画像の出典:気になるコト!なんでも探偵団