未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【次は「事件簿」】弘兼憲史さん、「島耕作」でサラリーマンの夢を描く!?



<スポンサーリンク>



 

弘兼憲史さんの代表作「島耕作」シリーズ。

『モーニング』創刊35周年記念で、「島耕作」シリーズのスピンオフを掲載予定なんだとか。

今度は「島耕作の事件簿」。

物語は課長時代に遡り、警察に追われながら怪事件を解決していくんだとか!

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

「島耕作」シリーズとは...

 

「島耕作」シリーズは、アイキャッチ画像にもあるとおり、ゲームまでなってしまったほどの大ヒット作品です。

 

作者は弘兼憲史(ひろかねけんし)氏。

山口県出身、1947年9月生まれの69歳、団塊の世代ですね。

弘兼氏は3年間のサラリーマン生活を経て、その経験を活かした作品を展開。

その代表作のひとつが1983年から始まった「島耕作」シリーズなんです。

 

掲載誌は講談社の『モーニング』。

大企業の派閥争いなどを主人公・島耕作を通して描いています。

 

1983年から1992年までの9年間は『課長島耕作』で展開しました。

その後、島耕作はどんどん出世していきます。

  • 『部長島耕作』 1992年〜2002年
  • 『取締役島耕作』2002年〜2005年
  • 『常務島耕作』 2005年〜2006年
  • 『専務島耕作』 2006年〜2008年
  • 『社長島耕作』 2008年〜2013年
  • 『会長島耕作』 2013年〜

 

これだけ一人の人物にスポットライトをあて、その出世の様を描いた物語はありません。

「島耕作」シリーズと共に、読者も育ったという感じでしょうか。

「島耕作」の活躍のさまを現実的な時間スケールで感じちゃうのですから、読者にとって「島耕作」は仮想の人物ではなく、現実の人物とイコールですね。

 

スピンオフ作品もたくさん!?

 

本筋の「島耕作」シリーズだけでなく、スピンオフ、あるいはスピンオフ的な作品も豊富です。

 

  • 『ヤング島耕作』2001年〜2010年(イブニングにて)
  • 『係長島耕作』2010年〜2013年(イブニングにて)
  • 『学生島耕作』2014年〜2017年(イブニングにて)

 

それだけでなく、メディアミックスも随分昔から展開されてきました。

 

1992年には俵俊彦さん主演で映画にもなりました。

また、宅麻伸さん主役でフジテレビのドラマ(1993年〜1998年)にもなりました。

ヒロイン・大町久美子は清水美沙さん。

 

さらに、高橋克典さん主役で日本テレビでもドラマ(2008年)になりました。

ヒロイン・大町久美子は松下奈緒さんです。

 

そして、1993年にはスーパーファミコン用ゲームにもなり、その後、ニンテンドーDS用ソフトなどとして、発売されます。

カプコンからは2013年に、戦国時代にタイムスリップして初芝家に仕える武将・島耕作の立身出世物語がゲーム化されました。

「足軽島耕作」「侍大将島耕作」「奉行島耕作」「家老島耕作」「大名島耕作」と出世をしていきます♪

 

そうそう、ヒロイン・大町久美子の高校生時代にスポットをあてた『JK 大町久美子』なども連載中です♪♪

 

今度は事件簿!?

 

弘兼先生、「島耕作」でどんだけ稼ぐんですかぁ!?

で、今度は「事件簿」なんです。

 

ときは課長時代です。

島耕作が大事件に巻き込まれ、なんと警察から追われてしまうのです。

しかし、島耕作はめげないし、諦めません。

逃亡しながらも怪事件を解決しちゃうのです。

もう、サスペンスです(^_^;)

 

この「事件簿」の原作は、「金田一少年の事件簿」「探偵学園Q」「神の雫」などを手がけた樹林伸(きばやししん)さん。

しっかりした物語と、弘兼氏の表現力で、「事件簿」が注目されることは、間違いない...かもです♪

 

まとめ

 

「島耕作」シリーズは初出は1983年ですから、当時、サラリーマンだった読者の多くは、もう還暦を過ぎ、定年、あるいは再雇用で働いているという層ですね。

 

読者自身のサラリーマン人生をともに歩いてきたというような存在の「島耕作」シリーズ。

 

現実のサラリーマンは、出世意欲はあっても、課長〜部長〜取締役〜社長と立身出世するのは、ほんの一握り。

自分では歩めない道のりなんです。

そんな未踏を「島耕作」が替わって進んでくれる。

そして、それを現実サラリーマンたちは仮想体験していく...。

 

だから「島耕作」は読者のサラリーマンたちにとって、仮想ではあるけど自分自身の現実でもあるんですね。

 

だからこそ、過去を懐かしむという点で、いろんなスピンオフが出てくるのも、受けますよね〜♪

現在リアルタイム進行中の『会長島耕作』とともに、「事件簿」や『JK 大町久美子』などを楽しみますっ!!

※アイキャッチ画像の出典:KONAMI