未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【YouTube Kids】日本展開スタート、少子化の時代に正攻法で戦う!?



<スポンサーリンク>



 

5/31からGoogleは、子ども向けYouTube視聴アプリ「YouTube Kids」を日本向けにスタートしました。

AndroidとiOS向けのアプリを準備、子どもに適した動画配信を無料で利用することができます。

この事業とコラボする企業たちにもいろんな思惑が...。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

「YouTube Kids」とは...

 

Google傘下の動画配信サイトYouTubeが、子ども向けに特化した情報を提供するためのサービスです。

 

最近は、幼児でも「自分の意思」でスマホやタブレットで動画を楽しむ時代です。

「スマホ育児」については、賛否両論がありますが、幼児がスマホやタブレットを操作して、動画を楽しむことは、いろんな可能性の拡大を感じさせるできごとです。

 

しかし、YouTubeと言えば、いかがわしい動画や、危険な動画が満載であることでも有名です。

幼児や子どもたちが、ホイホイと操作をして、激烈な動画を目にしてしまうことだけは親としては避けたい。

そういう強い潜在ニーズがあったのです。

 

そういうものにタイムリーに呼応したサービスが「YouTube Kids」なのです。

 

このサービス大きく4つのカテゴリーに分類されています。

「アニメ・ドラマ」「おんがく」「まなぶ」「はっけん」です。

 

「YouTube Kids」の配慮は...

 

子どもたちが簡単に動画を見ることができることで、親たちが懸念していること。

そういうことに十分な配慮をしているのが「YouTube Kids」なんです。

 

第一は、複雑な機能は省略されており、極めて分かりやすいUI〜ユーザー・インターフェース〜などで構成されています。

 

検索機能はオフに選択することも可能。

 

また、音声検索機能も備えており、子どもが喋って動画検索することができるのです。

 

さらに、検索事項によっては、検索をはじく〜検索できない〜ようになっています。

たとえば、子どもが音声で「たばこ」と音声検索しても、「たばこ」に関連する動画は検索されません!

 

ちなみに、検索機能をオフにしても、視聴履歴に基づいたおすすめ動画などが出てきます。

このあたりはGoogleの技術がオテンコ盛りなんですね。

 

_/_/

 

また、親が子どもの視聴時間などを管理する機能も備えています。

タイマー機能で視聴時間を管理することができるのです。

たとえば40分でアプリをロックするというようにです。

 

_/_/

 

前項で書いた4つのカテゴリーにも、子どもの教育を十分に考慮していることがうかがわれます。

 

「アニメ・ドラマ」「おんがく」「まなぶ」「はっけん」。

「まなぶ」や「はっけん」は、子どもの「アハ体験」につながりそうです。

 

「アニメ・ドラマ」などでは、セサミストリート、妖怪ウォッチ、ポケモン、プリキュアなどのアニメが満載。

また、昔話や絵本の読み聞かせもあります。

工作やゲームなども...。

子どもたちのワクワク感を引き出すコンテンツが満載です。

 

「YouTube Kids」とコラボする企業の思惑は...

 

「YouTube Kids」の発表会では、コンテンツパートナーの紹介がありました。

  • 講談社キッズボンボン
  • 小学館コロコロチャンネル
  • ベネッセしまじろうチャンネル
  • 東映アニメーション
  • Kan & Aki'sチャンネル

などです。

 

彼らは彼らなりに、少子化に向かう現在、その活路を見いだすひとつとして、「YouTube Kids」にかける思いがあるようです。

 

コロコロチャンネルの和田編集長は...

  • 6〜7年前から「YouTube」で子どもたちが動画をみているという情報は得ていた。
  • (そういう流れの)勢いがあり(このままでは)コロコロまずいのではと感じていた。
  • 視聴回数も増え、雑誌売り上げアップにもつながっている。

 

やはり、出版社としては出版ベースで、まだ軸足は動画サイトにはおけないけど、頑張り始めましたっ...というところなんですね。

 

子ども向け雑誌は、トータルでは、今後、確実に部数を減らすことは間違いないですから、主軸を変える時期もそんなに遠くないのかもしれません。

 

東映なども映画だけでなく、いろんな媒体にチャレンジすることが時流に添ったことということでコラボをしているのでしょう。

 

つまり、スマホやタブレットがフツーにそこかしこに在る時代の今、一つの媒体〜雑誌とか映画とか〜にこだわっていては生き抜けないということなのです。

 

そういう切り口での打開のひとつが子どもたち向けの動画配信なんですね。

 

まとめ

 

ブログ管理人は、5/31早速、iPhoneとiPadに「YouTube Kids」を導入してみました。

大人が見ても、そこそこ面白いコンテンツがあります。

また「まなぶ」や「はっけん」には教育という観点からも興味深いものがあります。

 

今後の「YouTube Kids」の進展に要注目です! 

※愛キャッチ画像の出典:Google Play