未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【橋爪遼逮捕余波?】映画『たたら侍』公開3週間上映終了〜評価は..



<スポンサードリンク>

 

EXILE HIROがエグゼクティブプロデューサーを務める、5/20公開映画『たたら侍』が公開3週間で打ち切られる見込みとなりました。

同作品に出演している橋爪遼容疑者逮捕の余波でしょうか。

橋爪遼容疑者の問題はどこまで拡がるのか...。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

『たたら侍』とは...

 

映画『たたら侍』は、EXILE HIROさんが初めて映画のエグゼクティブプロデューサーを務める作品です。

 

主演は劇団EXILEの青柳翔(あおやぎしょう)さん。

  • 小林直己(こばやしなおき)さん〜三代目J Soul Brothersのリーダー
  • AKIRA(あきら)さん〜EXILE

も出演しています。

 

監督・脚本は、錦織良成さんで、これまで10本余りの映画を撮ったようです。

 

_/_/

 

あらすじは...

 

鉄は戦国時代とても重要でした。

当時、出雲の山奥に「千年は錆びないと言われる刀を産み出す幻の鋼(はがね)を作る、「たたら村」がありました。

その鋼は衆人が注目する存在であり、あるとき、その鋼目当てに山賊たちに襲撃されてしまうのです。

その惨劇のなかにいた少年が主人公です。

彼は「たたら村」で「たたら技術を継承する長(おさ)」の長男・伍介です。

伍介は「たたら村」を守るためには武術で強くならなければと訓練を続けるのですが、この技術を手中にしようとする商人に狙われるのです...。

(EXILE mobileサイトのあらすじを参考にしました)

 

『たたら侍』の評判は...

 

「ヤフー映画」の評価は、本記事掲載現在、5段階評価で2.36。

苦戦している感じでしょうか。

ユーザーレビューを上から5つ、レビュータイトルをピックアップしてみます。

「あたまの数値」は、その方の評価(5段階評価)です。

  • 1〜死ぬほど退屈
  • 3〜残念です。
  • 1〜酷い、酷すぎる!!!ここまでとは!!
  • 1〜絶対に面白くない!
  • 2〜へたれ侍

ちょっと散々な感じです。

 

一方、「映画.com」の評価は、本記事掲載現在、5段階評価で3.1。

これもユーザーレビューを上から5つ、レビュータイトルをピックアップします。

「あたまの数値」は、上と同じです。

  • 0.5〜お金持ちな映画制作
  • 1.0〜ストーリーが今一つ面白さに欠ける
  • 5.0〜純粋な気持ちに帰る
  • 4.0〜全体的感動
  • 2.0〜メッセージ性を感じるものの...

 

やはり実際の評価は、自分で見て下すしかないですね。

6/9に上映終了予定とのことですから、今日を含め、チャンスは4日間です。

 

映画『たたら侍』上映終了の判断は...

 

映画『たたら侍』は制作委員会方式で作られた作品です。

制作委員会方式とは、さまざまな利害関係者間の調整をするひとつの仕組みです。

なので、上映をどうするかについては、この制作委員会が決定することになります。

 

『たたら侍』の制作委員会は、協議の結果を6/5発表しました。

  • 映画『たたら侍』の出演者に関する一連の報道〜橋爪遼容疑者逮捕〜を受けまして、『たたら侍』制作委員会において協議を行いました結果、やむを得ず、最短で6/9をもって上映を終了することとなりました。
  • 今後も皆様に映画『たたら侍』をお届けできる環境を整えるべく、引き続き検討してまいります。

 

公開中止は、やはり橋爪遼容疑者逮捕の影響だ...ということのようです。

 

ちなみに、アイキャッチ画像として使用させていただいたポスターには、向かって右側に少し小さくでているのが橋爪遼容疑者のようです...。

 

橋爪遼容疑者逮捕の余波は...

 

出演中の連続ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系列)も、遼容疑者の降板を決定。

6/6放送予定だった『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系列)も出演者名として遼容疑者の名前は削除されました。

遼容疑者が映る部分は削除して放送するのでしょうか...。

 

また、これについては様々な意見が飛び交っていますが、父である橋爪功さんも活動を自粛するとのことです。

 

_/_/

橋爪遼容疑者の記事については、こちらもどうぞ。

 

まとめ

 

自分の行動の影響や結果を全く想像できない「大人子ども」な橋爪遼容疑者。

自分が起こした「事の重大さ」に苦しむのはこれからですね。

 

「大人子ども」がそれを乗り越えることができるのか...。

 

また、常習性があり乗り越えるのが大変な覚醒剤。

 

これからこそが、「大人子ども」の試練のはじまりです...。

 

※アイキャッチ画像の出典:EXILE mobile