未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『リバース』第7話〜原作との違いがいよいよ色濃く展開します!?



<スポンサーリンク>



 

ドラマ『リバース』(TBS系列)の第7話です。

第6話では、深瀬(藤原竜也)が広沢(小池徹平)の地元へ行き、広沢の人物像を改めて知ろうとしますが...。 

地元では深瀬たちは人殺しと見られていたのです(>_<) 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

  

第6話のあらすじ振りかえり...

 

こんなに問題が次々起こるかよ...という『リバース』の展開です。

 

深瀬(藤原竜也)は、勤務先が突然倒産して路頭に迷う状態に。

村井(三浦貴大)は、あの夜以来、姿を消したまま。

谷原(市原隼人)は、未だ意識が回復せず...。

 

そんなこんなで不安な日々を過ごしている谷原の妻&村井の妹である明日香(門脇麦)には、広沢(小池徹平)の死について、兄に疑惑を抱いていたのです。

 

そして、明日香はそのことを深瀬に話します。

 

深瀬と浅見(玉森裕太)は、広沢の素顔をもっと知ろうと、広沢のふるさとである愛媛へ向かいます。

 

そこで、広沢の母・昌子(片平なぎさ)と父・忠司(志賀廣太郎)に会うのです。

(第6話の紹介記事から...)

 

小説『リバース』を読み切って、最後の大どんでん返しを知っているブログ管理人も、ハラハラどきどきして見ています。

 

後半スタートの第6話は、しっかり視聴者をつなぎとめるのに成功しているのではないでしょうか。

 

第7話のあらすじ

 

広沢(小池徹平)のことを、広沢の地元で調べている深瀬(藤原竜也)は、親友だったという古川に出会います。

そして、深瀬の知らない広沢の一面を知るのです。

 

さらに、広沢がかつて付き合ってた女性が東京で働いているという新情報も得ます。

 

_/_/

 

電車ホームから転落し、意識不明のままだった谷原(市原隼人)が意識を取り戻します。

しかし、谷原の事故当時の意識は曖昧です。

何かをまだ隠しているという感じも...。

  

ちょいと気になるこのキャスト

 

ちょいと気になるキャストについて紹介。

今回は、村井隆明(三浦貴大)の妹で谷原康生(市原隼人)の妻役・谷原明日香を演じている門脇麦(かどわきむぎ)さんです。

 

f:id:kanreki7:20170609112157p:plain

(画像の出典:Naverまとめ

 

門脇麦さんは、東京都出身、1992年8月生まれの24歳です。

高校卒業後、所属事務所ブルーミングエージェンシーに入り、芸能活動をはじめます。

その後、現在の事務所ユニマテに移籍。

ユニマテは、安藤サクラさん、東出昌大さん、樋口可南子さん、満島真之介さん、満島ひかりさんらを擁する事務所です。

 

2015年には、Netflixと吉本興業のコラボ作品『火花』のヒロインに抜擢。

一躍注目を浴びる存在となりました。

 

映画でも大活躍。

2017年公開作品だけでも4本に出演します。

 

門脇麦さんの今後の活躍に注目しています♪

 

まとめ

 

物語は、後半がはじまりました。

原作と違う部分が多々あるので、原作を読み切ったブログ管理人も、楽しめています。

 

最後のどんでん返しは「あのまま」だと思うものの、そこに行き着くまでの道程が、なかなか予想がつきません。

第7〜最終話の展開が楽しみです♪

 

※アイキャッチ画像の出典:Tabetainjya