未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【浦和レッズに罰金】済州暴行事件のAFC裁定下るも、両チーム共に異議申し立てか!?



<スポンサードリンク>

 

5/31に日本で行われたアジアチャンピョンズリーグ(ACL)、「浦和レッズ対済州ユナイテッド」戦における暴行乱闘事件について、アジアサッカー連盟(AFC)からの裁定が下りました。

暴行を受けた浦和レッズにも罰金2万ドルという結果に...。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

  

乱闘暴行を振りかえる

 

済州ユナイテッド(韓国)が浦和レッズから嘲笑を受けたということを端に発し、暴行乱闘に。

済州のベンチメンバーが試合中にピッチ横断して浦和のMF阿部に対して肘打ちをしたり、試合後に浦和のDF槇野を執拗に追いかけ回したりと、やりたい放題の乱行だった。

 

これに関して、済州と韓国は「挑発した浦和が悪い」という「らしい」主張を展開。

 

常に韓国より裁定などをするアジアサッカー連盟の判断は、浦和に厳しいものになるという予想もあったが...。

 

案の定であった...。

 

アジアサッカー連盟(AFC)の裁定

 

6/9、本件に関するアジアサッカー連盟(AFC)の裁定が下った。

 

それによると...

 

  1. 試合中にピッチ横断して浦和MF阿部にエルボーを喰らわし一発退場となったDFペク・ドンギュは3ヶ月の出場停止と1万5千ドルの罰金。
  2. 試合後に浦和DF槇野を執拗に追いかけたDFクォン・ハンジンには2試合の出場停止と1千ドルの罰金。
  3. 後半2枚目のイエローカードを受け退場したDFチョ・ヨンヒョンは、退場処分を受けていたにも関わらず試合後の乱闘に参加、その際、審判に接触するなどの行動があったため、6ヶ月の出場停止と罰金2万ドル。 
  4. 試合後も含め3人の退場者を出した済州に4万ドルの罰金。
  5. 倶楽部関係者が試合後の乱闘に加わった浦和に2万ドルの罰金。

 

韓国は裁定に猛反発

 

もともと試合後に、乱闘の原因は浦和にあるという主張を展開していた韓国。

なので、AFCの裁定には、不服を越えて、韓国マスコミも含め猛反発。

6ヶ月の出場停止などがありえないほど重すぎるというのだ。

AFCに対し、異議申し立てをするという。

 

浦和は...

 

一方、乱闘の被害者となった浦和レッズにも、罰金2万ドルという裁定が下った。

これに対し、浦和レッズは、規定に基づきこの裁定を判断し、改めて主張をする旨を明らかにしました。

 

9日、アジアサッカー連盟(AFC)から、5月31日に行われたAFCチャンピオンズリーグ ラウンド16 第2戦 vs済州ユナイテッドFCにおいて、試合後の騒動に関わったこと、また試合の価値を落としたことにより、浦和レッズに2万ドルの罰金が科されると発表がありました。

規定に基づき、裁定内容について詳細を確認しておりますので、今後の対応につきましては、あらためて、オフィシャルサイトを通じて、ご報告させていただきます

 

まとめ

 

韓国と日本の対応の「違い」に、今回の乱闘事件の本質的原因があるように感じるのはブログ管理人だけでしょうか。

 

一部には「韓国をサッカー界から追い出せ」などという過激な意見もあるようですが、いずれにしても...

 

  • 韓国に勝ったら罰金が下る

 

というようなことがおふざけでもささやかれてしまうようになってしまったこと自体が問題です。

 

「らしさ」を振る舞うのは勝手ですが、それを世界戦レベルでやる国というのは、どうなんでしょうね。

 

国のトップがやりたい放題の「らしさ」の隣国と相通じるものがあるように感じてしまいます。

 

それから中立性に問題ありと指摘されるようなAFCの存在も、残念です。

※冒頭の画像出典:スリーマイル原発