未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』藤原竜也・伊藤英明W主演、観てきました(ネタバレなしね!)、合わせて原作『殺人の告白』も観たよ♪



<スポンサードリンク>

 

藤原竜也さん&伊藤英明さんW主演の映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』を観てきました。

以下、感想などを書きますが「ネタバレなし」(既存情報中心+ブログ管理人の視点)で行きますのでご安心を♪

なお、感想&視点は、あくまでも個人的なものであり、映画の評価とは違うとご理解ください。

 

 

<スポンサーリンク>

  

映画の評価から感想を...

 

「ヤフー映画」と「映画.com」から、直近の評価とともに、レビューのタイトルを公平に5つずつ列挙してみますね。 

 

ヤフー映画

トータル評価点 4.14点(5点満点、評価者数 656件)。

レビュータイトル、最初から5つピックアップ。

  • 評価5「傑作『セブン』を越えた!!」
  • 評価2「う〜ん」
  • 評価4「ただただ圧倒されました」
  • 評価5「今まで観た邦画で一番かも」
  • 評価2「どんでん返しのためのご都合感」

 

映画.com

トータル評価点 3.9点(5点満点、評価者数 69件)。

レビュータイトル、最初から5つピックアップ。

  • 評価4.0「なるほど」
  • 評価5.0「トラウマ」
  • 評価4.0「ヤバイ」
  • 評価4.0「秀逸なストーリー」
  • 評価4.5「2人の演技力が圧巻」

 

ブログ管理人の感想は...

 

ブログ管理人は、この作品が韓国映画『殺人の告白』のリメイクであることを知り、『22年目の告白』を観た夜に自宅で『殺人の告白』を観ました。

テイストの違いは、とても面白いと思いました。

『殺人の告白』はそれはそれで面白く感じましたが、『22年目の告白』は「違う」面白さを感じました。

それが「何か」ということについては、のちほど。

 

さて、感想ですが...

 

傑作『セブン』を越えた!!」とまでは思いませんし、「今まで観た邦画のなかで一番」とも思いませんが、今年映画館で観た映画のなかでは、5本の指には入るかな...と思っています。

 

こういう作品は「謎」が命です。

しかし「どんでん返しのためのご都合感」は感じませんでした。

原作『殺人の告白』と比較しても、よく整理された謎解きの要素が色濃いと感じます。

 

同じ比較でいうと原作よりも「秀逸なストーリー」になっています。

 

またW主演の藤原竜也さん伊藤英明さんの「2人の演技力が圧巻」という意見には両手を挙げてというほどではありませんが、一票。

 

W主演のひとり、藤原竜也さんは好きな俳優さんなので、『22年目の告白』がレンタル開始になったら、また観るつもりです♪

 

『22年目の告白 -私が殺人犯です-』について

 

この作品、先週末の興行収入ランキングでは今年のキング『美女と野獣』を抑えて、初登場1位となりました。

同じく、初登場で2位となった『昼顔』をも抑えました♪

 

プチ情報♪

 

  • 監 督:入江悠
  • 脚 本:平田研也&入江悠
  • 主題歌:感覚ピエロ「疑問疑答」
  • 原 作:韓国映画『殺人の告白』 (2012年)
  • 出 演:藤原竜也、伊藤英明、仲村トオル、夏帆、早乙女太一、岩城滉一など

 

ネタバレしない程度のあらすじ

 

阪神淡路大震災が起きた1995年、立て続けに連続犯と思われる殺人が5件発生。

そして、その最後の殺人から22年が経ち時効が成立したとき、「私が殺人犯です」と名乗る男が現れました。

一連の殺人の詳細を記した告白本を携えて登場したその男・曽根崎(藤原竜也)は、不敵な笑みを浮かべ、被害者家族らを苦しめます。

 

告白本はベストセラーになり、派手なサイン会や、遺族への謝罪、当時の担当刑事・牧村(伊藤英明)への挑発などで、曽根崎は戦略的に世間の注目を集めていきます。

日本中の老若男女がこの殺人者・曽根崎にフォーカスしていくのですが、それは、はじまりに過ぎなかったのです...。

 

ネタバレじゃないネタバレ!?

 

すでに書きましたが、『22年目の告白』はリメイクなので、元となった韓国映画『殺人の告白』を観れば、ストーリーの概要・骨格は見えちゃいます。

つまり、「『殺人の告白』こそがネタバレになる」というネタバレです。

 

なので...

もちろん、『殺人の告白』の内容詳細については語りません。

 

ちなみに、『殺人の告白』は今のところ、Amazonで「¥199レンタル」ができます。

ブログ管理人も『22年目の告白』を観た夜にレンタルして観ました。

 

結果として...

『殺人の告白』も『22年目の告白』も面白さの質が違い、十分に楽しめました。

 

仮に...

 

『殺人の告白』を観てから『22年目の告白』を観ても楽しめたと思います。

ただし、楽しみの質は異なるでしょう。

 

『殺人の告白』を観ずに『22年目の告白』を観た場合には、度重なるどんでん返しに心奪われることでしょう。

 

一方、『殺人の告白』を観てから『22年目の告白』を観た場合、ひとつ目のどんでん返しには気がついているわけなので、微に入り細に入り観客が欺されてしまうシーンを詳細に観察できる...つまり、作品を妙に客観的に楽しめてしまう自分に驚くかもしれません。

 

『22年目の告白』と『殺人の告白』

 

謎解きの要素と展開、つまり、ミステリーの味付けは、『22年目の告白』のほうが優れているように感じます。

 

『殺人の告白』は登場人物の関係性がよくわからないままストーリーが展開していきます。

登場人物事態が謎という感じでしょうか。

 

しかし『22年目の告白』では登場人物のことが丹念に描かれているので、そういった些末なところに意識を向けることなく、大筋の謎解きに集中することができます。

 

一方、『ワイルド・スピード』シリーズのようなカーチェイスやアクション好きな方には、『殺人の告白』に軍配をあげるかもしれません。

『ワイルド・スピード』と同じく「そんなん、現実にはありえないだろう」的なカーチェイス&アクション満載な『殺人の告白』は、それはそれで楽しめます。

 

『22年目の告白』には、カーチェイスの色は少なく、アクションも比較すると抑え気味です。

 

そんなこんなから...

 

『殺人の告白』は、ミステリー(謎解き)色のあるアクション映画っていう感じです。

そして、『22年目の告白』は、ミステリー色のあるサスペンス(ハラハラドキドキ)です。

 

_/_/

 

『22年目の告白』と『殺人の告白』は、以上のように同じだけど違うテイストの作品です。

 

結論から言うと、2作品ともに観るのがお薦めです。

そして、どちらから先に観ても楽しめる作品だと思います。

 

藤原竜也作品のお薦めは...

 

映画の楽しみ方のひとつに、気に入った作品に出ている主演俳優の他の作品を観る...というのがありますね♪

 

動画配信サイト「Hulu」では、『22年目の告白』公開記念なのでしょうか、藤原竜也作品特集を組んでいます。

なので、他の動画配信サイト(「Netflix」や「Amazonプライムビデオ」など)と比較しても、圧倒的に藤原竜也作品を楽しめる状況にあります。

 

そこで、ブログ管理人は、「Hulu」で楽しめる藤原竜也作品、とくに主演映画について、もう一度、じっくりみなおして、勝手にランキングしてみました。

 

  • 第10位『バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌』
  • 第9位『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』
  • 第8位『おかえり、はやぶさ』
  • 第7位『カメレオン』
  • 第6位『ムーンライト・ジェリーフィッシュ』
  • 第5位『カイジ2 人生奪還ゲーム』
  • 第4位『カイジ 人生逆転ゲーム』
  • 第3位『バトル・ロワイアル』
  • 第2位『DEATH NOTE デスノート』
  • 第1位『DEATH NOTE デスノート the Last name』

 

藤原竜也ファン、そして、『22年目の告白』を観た、もしくは観たいという方で、藤原竜也出演作が気になる方は、是非、上記の10作品のいずれか、もしくは全部をご覧になってはいかがでしょうか。

 

「Hulu」は視聴できる作品が不定期に変わってしまうので、藤原竜也作品を堪能しまくるのは今がチャンスかもしれません。

 

「Hulu」の【2週間お試し】を活用すれば、不要なお金を使わずに藤原竜也出演作品を楽しめますから♪

 

<スポンサーリンク>

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

藤原竜也主演映画ベスト10については、こちらの記事もどうぞ♪


まとめ

 

ブログ管理人は、『22年目の告白』を契機に、藤原竜也作品&関連を10本以上、立て続けに観ました。

 

それをもとに改めて言います。

 

藤原竜也さんという俳優は、底の知れない素敵な俳優です。

不可解でハラハラドキドキ展開なストーリーの作品には欠かせない俳優です。

 

また、舞台で磨いた演技力も、光っていますね。

 

是非、みなさんも藤原竜也ワールドに浸っていただければ...と思っています♪

 

追伸

 

「Hulu」が『22年目の告白』の番宣のように『藤原竜也作品特集』を組んでいる理由は...。

 

実は「Hulu」は日本展開においては日本テレビの資本でやっているんです。

そして、『22年目の告白』も制作に日本テレビも加わっています。

そんなこんなで、「Hulu」が『藤原竜也作品特集』を組んでいるってことなんですね。

 

ということは...

 

『22年目の告白』の公開中は、当分、『藤原竜也作品特集』は続けるんだと推測しています♪

 

ということなので、「Hulu」でじっくり藤原竜也さんを堪能してくださいね♪

 

<スポンサーリンク>

 

f:id:kanreki7:20170612184211p:plain

※画像の出典:映画.com