未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【文春砲】小出恵介を打ち抜く〜もうまともな役はできないorsジ・エンド!?



<スポンサーリンク>



 

6/15発売の『週刊文春』が小出恵介さんの相手「17歳少女」の告白を掲載。

他人のスクープを除いちゃう『週刊文春』ですが、今回は、なかなかの力作です。

その記事は少女の悪い部分も浮き出ているものの、小出恵介さんもジ・エンドになっちゃうかも...。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

フライデー以前から文春は狙ってた!?

 

『週刊文春』は、6月初旬にこの「17歳少女」と接触していたという。

しかし、その証言が金銭目的であることを隠さなかったため、記事化を躊躇していたら...

『FRIDAY』に出し抜かれた...ホントか!?

で、6/15発売号の4ページの特集のうち2ページは、ネタ元は『FRIDAY』などで埋まってる、おひおひ。

 

さて、文春の取材に話を戻すと...。

 

小出恵介さんは、セラミック氏と呼ばれる男性と南にあるバーのオーナーX氏の紹介で知り合います。

そして、小出さんはX氏の店に州に1〜2回のペースで出入り。

このX氏の店では有名人が来ると店に女性を呼んでくれ、そして、お持ち帰りもできるとかでキャバクラよりも楽しいので小出さんやスポーツ選手が集まってくるんだそうだ。

 

そして、X氏の友人がやっているバーに4月22日にセラミック氏と小出さんが遊びに行った。

でも、まったく女性を集めることができず。

そのリベンジがあの『FRIDAY』に掲載された飲み会で、セラミック氏はあの日、初めて「17歳少女」にあったのだといいます。

 

そんなこんなの経緯を『週刊文春』は「17歳少女」にインタビュー。

  • 誰かと相談して小出君を貶めようとしたことは全くありません。
  • すべて私が一人で考えて突っ走った。
  • あの頃、私は子供が施設に獲られたことで、生活が荒れ、夜の繁華街で遊び歩いていました。
  • そんなときに事件がおきました。
  • ほとんどはフライデーに書いてある通りです。

 

そして、お金の話などが続きます。

詳しくは『週刊文春』を読んでね♪

 

6/15『女性自身』のほうがキツいかも...

 

結局、週刊誌発売前に大きな花火を打ち上げた割には、文春砲、対したことなかったです。

 

それ以上に、同じ6/15発売の『女性自身』のほうが、小出恵介さんにとって、相当にヤバイかも...です。

 

それは、かつて、小出恵介さんに「やられてしまった」女性の告白が掲載されたのです。

彼女によれば、「17歳少女」が受けた夜のひどさの記事を読んで、自分が同じことをされたことを改めて世に訴えたいと心に決めたんだそうです。

 

そこに展開されている告白は、まるで「17歳少女」にあの夜起きたような話でした。

その告白女性の真偽の程は定かではないですが、小出恵介さんの日頃の素行の悪さがだめ押しされてしまいました...。

 

まとめ

 

このほかにも、ここ数日で、小出恵介さんの素行の悪さが出てくる出てくる。

どんどん、出てくる出てくる。

もう、復帰はしないで欲しいですね。

そういう人は、また裏切りをしますから...。

 

f:id:kanreki7:20170609060132j:plain

(※画像出典:ヤフーニュース