未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【債務超過で名門散る!?】の危機に明暗分かれる〜東芝とシャープ〜東証の扱い



<スポンサーリンク>


 

かつて、テレビ用液晶パネルと半導体の相互供給での提携を発表したこともある、東芝とシャープ。

2007年12月のことでした。

あれから10年、債務超過という苦境に陥った2社ですが、明暗が分かれています。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

東芝とシャープの提携!?

 

f:id:kanreki7:20170624043216p:plain

(画像出典:BCN RETAIL

 

2007年12月21日、両社は、テレビ用液晶パネルと半導体の相互供給での提携を発表しました。

 

当時、薄型テレビは価格競争が激化。

これに対応するため、それぞれの持ち味を活かして、製品化することに決めたのです。

日本の雄ががっちりと手を組むことで、海外メーカーに対処するために...です。

 

当時、10年後にとんでもない状況〜債務超過〜が待っているとは、誰が想像できたでしょうか。

 

東証2部へ降格

 

まさか、東芝やシャープが債務超過に陥るとは...。

数年前には、誰しもが想像できなかった事態!?

 

まず、シャープが債務超過に陥り、中国傘下となってしまいました。

そして、2016年には、東証2部へ指定替え(降格)となりました。

 

一方、東芝は決算発表が度々遅れるという騒動を続けていましたが、債務超過が確定。

早晩、東証2部へ指定替え(降格)となることが決定しました。

 

日本の大メーカー、東芝やシャープが東証2部に降格するなんて...。

 

しかし...

 

冷静に見てみると、家電メーカー大手はどこも大不調です。

どこも復活は難しいほどの痛手を負っています。

 

東芝とシャープの明暗

 

東証2部降格については、債務超過が解消されれば、再申請で再度の東証1部への指定替えが可能です。

 

中国傘下になったシャープは、最新決算で債務超過解消が確定。

なので近々に指定替えの申請をする模様です。

 

一方、債務超過が最新決算で確定した東芝は堕ちる、落ちる(>_<)

債務超過解消の目処も立っていません。

いろんな売却案が出ているものの、上手くいきそうにありません。

上場廃止すらありえる!?

 

まとめ

 

もやは家電メーカー大手(もはや家電メーカーを超えていますが)各社はどこも瀕死です。

 

家電が強い日本は、とうの昔に終わったというのが現実なのでしょうか。