未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【また逆風】下村博文元文科相疑惑、加計学園から200万円違法献金&1000万円政治資金規制法違反!?



<スポンサーリンク>


 

逆風吹きまくりの自民党。

またしても、さらなる逆風が。

元文科相・下村博文氏に加計学園からの200万円違法献金疑惑、並びに、3年間で1000万円の政治資金規正法疑惑が発覚しました。

『週刊文春』のタイムリーヒットです(>_<)

  

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

『週刊文春』情報...

 

これ『週刊文春』が入手した下村事務所の内部文書で判明...ということですから、何らかの形で、下村事務所から「文書が漏れた」ということですね。 

 

何があったの...はさておき。

 

下村事務所作成の、2013年パーティー入金状況には「9/27 学校 加計学園 1,000,000」と記載されています。

要するに政治資金集めの大規模パーティーの入金記録です。

翌年のパーティー入金状況にも「学校 山中一朗 加計学園 1,000,000」と記載されています。

山中氏とは当時の加計学園の秘書室長。

政治資金規正法では20万円を超えるパーティー券購入は、政治資金収支報告書に記載が必要なのですが、下村氏の収支報告書には加計学園からの寄付の記載は「なし」。

 

さらに、入金状況に名前と金額が記載されているものの、収支報告書に記載されていない寄付が2012〜14年の3年間でなんと1000万円にもなることが判明。

購入者の購入の仕方を含め、政治資金規正法違反の疑いがある...そうです。

 

なお、『週刊文春』の取材に対して、その内部文書がホンモノだと下村事務所の複数の関係者が認めているのです。

 

しかし、下村氏は『週刊文春』の取材に「実際はもらっていない」、また事務所を通じて「加計学園からチケットを購入いただいたことはありません。収支報告は適正に行っています」と回答したとか。

 

一方、加計学園は『文藝春秋』の記事に抗議していることを理由にして、『週刊文春』の事実確認には応じなかったのです。

 

さらにさらに...

 

『週刊文春』が入手した情報では、下村事務所の榮友里子文科大臣秘書官(当時)の「日報」に、

  • 加計学園が学部新設を巡り文科省が対応するよう下村氏に口利きを依頼したこと

などが記載されていたという爆弾も!?

 

詳細は6/29発売の『週刊文春』で明らかにされているとか。

商売上手いね、『週刊文春』。

 

自民党、相次ぐオウンゴールの山!

 

「ハゲー!」の原田議員。

稲田防衛大臣の大臣らしからぬ失言。

そして、下村元文科相の政治資金規正法違反疑惑。

しかも、加計学園との疑惑の関係付き!

 

第2次安倍政権は、これまで比較的安泰でしたが、ここへ来て、急激にアゲインストの風、吹きまくりです。

 

逆風がどこまで続くのか...。

 

_/_/

 

自民党のオウンゴールについては、こちらの記事もどうぞ。

 

まとめ

 

このタイミングでの下村事務所からの情報漏れ...。

う〜ん、政界は闇ですね。

どろどろ、どろどろ。

誰がどういう意図で動いているのか。

「敵は味方のふりをする」という「小さな巨人」バリの出来事が、いまリアルタイムに展開されている...のかもしれません。

 

f:id:kanreki7:20170628181939j:plain

(画像出典:下村博文 公式WEB