未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

「Z会が増田塾を買収」のニュースを見聞きして思ったこと...



<スポンサーリンク>


 

「Z会が増田塾を買収」のニュースを見て、記事を読んで、思ったこと。

「Z会」の文言に引っかかった全く個人的なことなので、どーでもいい記事です(笑)。

そして、合わせて「増田塾」も調べてみました。

現役世代なら、ここ入りたいかも♪

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

「Z会」懐かし〜〜!?

 

全く個人的なことですけど、「Z会」、40年以上前にやってました。

残念ながら当時は功を奏すことがなく〜「Z会」が悪いんじゃなく、きちんとこなさなかった自分が悪い!〜志望校の現役合格はできず(>_<)

 

そんなこともあり、ニュースで「Z会」の文字を目にしたとき「懐かし〜!」という思いと、「目標が果たせなかった(しつこいけど自分のせいです!)」という苦い思いが同時に溢れてきました。

 

「目標が果たせない」という辛さも、40年以上経つと、「懐かしい〜」に多少変化するんですね。

それでも、「苦い思い」は消えない...。

 

「苦い思い」が沸き起こり、「今、大学受験できればもっと頑張るのに」...などと、どうせ実現できない「もしも」に酔ったりしてる。

 

そんなことに酔うくらいなら、「今、目の前にある現実の問題に対処しろ」...ってことです(笑)。

 

40年前「Z会」をどうしてやりきれなかったか...

 

それは「自己管理ができなかった」に尽きます。

何事も集中して取り組めば、それなりの効果がある。

しかし、現役時代は、あれもこれもと、いろいろ目が奪われ、結局、どっちつかずの中途半端に終わったのです。

 

  • やるべきことを見極めて、それに集中する。

 

何事も、成功するための方法は、コレに尽きるのかもしれません。

40年近く社会人をやってきて、それは身に染みて「正しい」と思うのです。

 

「Z会」って...

 

改めて今回調べてみたら、「Z会」は1960年創業なんですね。

だから、ブログ管理人が現役当時〜1970年代半ば〜は、もうそこそこの実績と評価があったんです。

超難関校合格者の多くが「Z会」で勉強した...みたいな売り言葉に感化されて、ブログ管理人も始めたのです。

 

でも、通信教育って辛いです。

一番は、一人でやっているから先が見えにくいということでしょうか。

それが甘えになってしまって...。

 

現役落ちた

 

現役時代に受けたいわゆる超難関校は、バッサリと、ものの見事に落ちました。

そこで、当時、その超難関校の合格率が最も高いと言われていた某予備校に入りました。

A〜Fクラスまで(Aが一番超難関校合格に近い!)あるなかで、最初Aクラスに配属されます。

「こりゃ〜、1年後は超難関校の学生だぜ」なんて甘く考えていましたが...。

2学期はDクラスに落ち、そして3学期はFクラスに...。

 

理由は、自己管理しきれず、授業についていけず、授業も休みがちになり...。

そういうネガティブスパイラルにハマってしまいました。

結果は、超難関校は再び落ちる(>_<)

 

悪いのは全部、自分です。

当時はそう思っていましたが、どうも今の時代、どうでもないようなのです...。

 

今回、「増田塾」も調べました

 

「Z会」のカリキュラムって、当時の記憶からすると、とても素晴らしく、あれをしっかりこなしていれば、自分のものにしていれば、憧れの超難関校が母校になっていたかも...と思っています。

 

また、現役生で落ちて入学した某予備校も、超難関校輩出数は相当の数があり、やはり、あれにきちんとついていけば、やっぱり憧れの超難関校が母校になっていたかもしれません。

「もしも」はいくらいっても大丈夫!?

 

「Z会」も「某予備校」も私が上手くいかなったのは、「自己管理がうまくできなかった」ことに尽きます。

そして、それは全て自分が悪いと信じていました。

 

今回のニュースで「増田塾」も調べてみました。

 

いいですね。

 

「増田塾」の肝は「自己管理〜勉強の習慣化と目標管理」です。

それを構造的に組み入れたカリキュラムという環境のなかに生徒を入り込ませる。

「増田塾」のカリキュラムをこなしたのに志望校に合格できない場合の「返金保証」というやり方も、面白いですね。

もっとも、返金条件は、それなりのレベルに設定してありますが...。

 

興味のある方はご覧ください。

 

 

 

まとめ

 

40年以上経って、「あのとき、ああすればよかった」という後悔はあります。

でも、時間は戻りません。

「あのとき」の後悔をこれからの人生にどう活かすか...ですね。

 

その視点で考えるとき、「Z会」と「増田塾」から学べることは、

  • 目標をしっかり定め、自己管理していく。
  • 行動を習慣化する。
  • やるべきことに「今集中する」。

ということですね。

 

まだこれから先、20年くらいは生きていくとすると、これからの人生で「Z会」や「増田塾」から学べることが使えそうです♪

 

f:id:kanreki7:20170704055932j:plain

(画像出典:Dの自由創作