未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

Amazon荷物届かず、連絡も取れず...ヤマト運輸の当日配送撤退が影響か!?



<スポンサーリンク>


 

4/7にヤマト運輸がAmazonの当日配送から撤退すると発表がありました。

その後、そこそこのヘビーユーザーとしては、それがいつになるのか心配でした。

このところTwitterなどで「荷物が届かない」などのツイートが増えているそうですが...。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

マスは必ずしも利益を生まない

 

アマゾンは2013年に主要配送業務を佐川急便からヤマト運輸切り替えました。

これを知ったときは、扱う荷物量が圧倒的に増えて、ヤマト運輸も随分と儲かるのだろうなと思っていました。

 

ところがどっこい、「マスは必ずしも利益に直結しない」のです。

それどころか、マスにしたことでマイナス要因が増えることもある...。

そのケースが、まさにヤマト運輸でした。

 

この配送業者切り替えで、ヤマト運輸のドライバーたちの労働条件が急激に悪化しました。

ドライバーは昼食時間もほとんど取れないという状況のなかで働かざるをなくなったのです。

それはまた、サービス残業と残業代の未払いという問題を引き起こしました。

 

そして、ヤマト運輸側が決意します。

ドライバーの労働条件改善&未払い残業代の支払いと、アマゾンに対しての配達料の値上げという方向に動きます。

 

さらに、今年4月には、ヤマト運輸はアマゾンの当日配送から撤退すると発表したのです。

 

いつからどう撤退するのか

 

ヤマト運輸の「アマゾン当日配送撤退」ですが、ヤマト運輸側も、アマゾン側もその日程等の詳細は明らかにしていません。

 

少なくとも、ブログ管理人のところ(関東某県)では、6月の当日配送注文分はきちんと予定通りにヤマト運輸から届いていました。

なので、「ヤマト運輸の当日配送撤退」は、もう少しあとのことなのだなと思っていましたら...。

 

Twitterでチラホラ、アマゾンの注文品が届かない等のツイートを目にするようになってきました。

 

察するところ、全国すべて特定日から即撤退...というのではなさそうですね。

 

アマゾン、将来的には配送は自前にする!?

 

どうやらアマゾンは将来的には配送は自前に切り替えるという方向性もあるようです。

また、ヤマト運輸だって社会的責任は十分にわきまえているでしょうから、7月になったら全国すべての当日配送をやめるという無茶もしないのでしょう。

徐々に、徐々に撤退していく!?

 

当面、そうなると、スイッチした地域では、いくばくかの混乱は覚悟しなければならないのかもしれません。

 

アマゾンは私たちの生活に深く入り込んでしまいましたので、配送がちょっとやそっと問題が起きても、「それじゃ、今後一切、アマゾンには注文しない!」なんて言えないところが心配だし、残念なところです。

 

自前でもなんでもいいのですが、そして、多少、ユーザー負担の配達料が掛かってもいいのですが、そして、当日配送じゃなくてもいいのですが、

  • しっかり、確実に届く

という状況はキープしてもらいたいものです。

 

まとめ

 

ネット小売りの「1強」になりつつあるアマゾン。

やはり、ライバルがいないと怖いですね。

政治の世界も「1強」は怖い...(^_^;)

 

 

f:id:kanreki7:20170704174558j:plain

(画像出典:J-CASTニュース