未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【渡辺和也30歳大学1年】4年時の東京五輪&箱根駅伝出場に燃える!?



<スポンサーリンク>



 

元世界陸上代表の渡辺和也さん(29)。

明日7/7には、30歳となります。

渡辺さんは、今年4月に東京国際大学に入学し、4年時で迎える東京オリンピック出場と箱根駅伝出場を目標に据えました。

超大物だけどオールドなルーキーが、大きな挑戦に燃えています♪

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

渡辺和也29歳で大学入学!?

 

日本代表として2011年の世界陸上にも出場した渡辺和也さんが、今年、東京国際大学に入学しました。

6年前に記録した、1500、5000、10000メートルの自己ベストは、現役学生のトップの記録です。

 

渡辺和也さんは、どうして大学生になったのか...。

多くの人がこの年齢になって…と思うかもしれませんが、将来、指導者になるために大学でもう一度、勉強したかった。

30歳くらいで引退する選手もいますが、僕よりも年上でガンガン走っている選手もいる。

僕もまだまだやれる、と思っています。年齢への引け目はない。

(ヤフーニュースから)

 

なるほど、「将来指導者になる」という大きな目標があるわけですね。

 

そして、こんなことも...。

生活は慣れました。

みんなに気を使われている感じはしますが、僕も寮の掃除などチームの仕事を一生懸命にやっています。

授業も面白い。

駅伝部以外の一般学生の友達もできた。

11歳年下の女の子にタメ口を使われますけど、それも楽しいし新鮮です。

(ヤフーニュースから)

 

かなり柔軟な方なんですね♪

 

渡辺和也とは...

 

渡辺和也さんは、兵庫県西宮市出身、1987年7月7日生まれの29歳。

明日には30歳を迎えるわけです。

中学1年で陸上を始め、全日本中学高選手権に出場するなど、すぐに頭角を現しました。

その後、全国高校駅伝などでも活躍。

専門は中距離走と長距離走です。

高校卒業後は、山陽特殊製鋼、四国電力、日清食品グループで実業団の経験を重ねてきました。

2011年9月には世界陸上に5000m代表として出場。

 

自己ベストは...

  •   1500m:  3分38秒11
  •   5000m:13分23秒15
  • 10000m:27分47秒79

 

そして、今年4月、「将来指導者になる」の目標を実現すべく、東京国際大学に入学。

晴れて(?)、大学1年生となったのです♪

 

狙う大会は...

 

前述したように、渡辺和也さんの自己ベストは、現役大学生のなかではトップです。

しかし、渡辺和也さんは現状をよく認識しています。

ランクトップの意識は全くない。

今はそのタイムでは走れないから。

絶好調だったあの時を100%とすれば、今はまだ30%。

これから挑戦者として上を目指していきます。

(ヤフーニュースから)

 

めっちゃ、謙虚な方です。

そして、自分の伸びしろをも自覚しているんですね、きっと。

 

そんな渡辺和也さんが狙う大会は、4年時で迎える2つの大会。

  1. 2020年東京オリンピック
  2. 2021年箱根駅伝

 

ちょうど4年生になる時、20年東京五輪がある。

そこで再び日本代表として走ることが選手としての最大の目標です。

(ヤフーニュースから)

 

普通なら引退を考える30歳を迎える渡辺和也さんですが、そんな風潮には負けず、新たな闘志に燃えているのです♪

 

まとめ

 

渡辺さんの言動を見ていると、

  • 限界をつくるのは自分自身

ということがよくわかります。

スポーツの世界でも、スポーツ以外の世界でも、一番の壁は自分自身なのかもしれません。

 

渡辺和也さんのご活躍を期待しています♪

 

f:id:kanreki7:20170706032908p:plain

(画像出典:四国新聞社